ニッポン国力増進計画《若手記者・スタンフォード留学記 39》



 経済活性化のために重要なのは、「輸出の拡大」「借金の削減」「労働市場の改革」「出生率の上昇」「医療・年金の建て直し」の5つです。これらの改革に今後5,6年でメドをつけないといけません。

1つ目は、輸出の拡大。

金融危機以後、日本では、「輸出依存の弊害」と「内需拡大」が叫ばれていますが、輸出が伸びること自体は決して悪いことではありません。問題なのは、輸出がアメリカの需要(対アジア輸出も最終的にはアメリカの需要であった)に偏りすぎていたことです。ですから、今後、目指すべきは、「新興国の内需向けを中心とする輸出の多様化」と「内需の拡大」です。

2つ目に、借金の削減。

約900兆円に上る借金にもかかわらず日本の長期金利は低水準が続いていますが、その理由の一つは、国内の貯蓄が多いためです(日本の国債は、郵便局、銀行、年金基金、保険会社が大半を保有しています。それらの金の大半は国民から出ているわけですから、国民が国債を買い支えているわけです)。しかし、これから高齢化の進展につれ貯蓄が減れば、金利上昇のリスクはどんどん膨れ上がっていきます。

しかも、経済学者の実証研究によると、財政政策はムダとは言い切れませんが、その効果は年々低下しています。ですから、本当に必要なところ以外にはもう金を使ってはいけない。それなのに、さほど必要でもないところに金をばらまく、今回の15兆円の補正予算は最悪です。

3つ目は、労働市場の改革。

これは、前回述べたような、メディア業界での労働市場改革をあらゆる業界で行うことです。一言で言えば、正社員と非正規社員の差を縮め、解雇規制を緩める(これは政治的に難しいでしょうが)一方、国が職業訓練などセーフティネットを充実させて、労働力の移動を容易にする必要があると思います。会社と心中しなくてすむ社会に変えることが必要でしょう。

4つ目は、少子化対策。

詳しくは、第7回を読んでいただくとして、要点は、子育てに対する補助金だけでなく、女性が出産後も働きやすい環境を整えること。もちろん男はもっと家事と育児に力を注がなければなりません(そのためには、長時間働くことを美徳とする文化を変える必要があります)。加えて、独身者を減らすためにも、早婚をブームにすること--結婚の魅力やメリットを訴えかけることも大事です。

5つ目は、医療・年金の建て直し。

高齢者の将来への不安を取り除いて、約1500兆円の資産をどんどん使ってもらうことが重要です。高齢者が人生を楽しめるサービスを充実させたり、資金を求めている若者に効果的に高齢者の資金が回るような仕組みもいるでしょう。高齢者のお金を有効に活用させていただくのです。

民主主義は数の論理ですので、高齢者はこれからの政治に強い影響力をもちます。したがって、現実問題として、高齢者を敵に回しては、絶対改革はできません。

高齢者に、いかに気持ちよくお金を使ってもらい、新たな改革を受け入れてもらうか--ビジネスでも政治でも、これからのリーダーは、高齢者とのコミュニケーション能力がより一層重要になるでしょう。

佐々木 紀彦(ささき・のりひこ)
 1979年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業後、東洋経済新報社で自動車、IT業界などを担当。2007年9月より休職し、現在、スタンフォード大学大学院修士課程で国際政治経済の勉強に日夜奮闘中。

《若手記者・スタンフォード留学記》バックナンバー
(40)さよならスタンフォード、ただいま日本 - 09/06/17
(39)ニッポン国力増進計画 - 09/06/11
(38)既得権益”崩壊は、マスコミ人の働き方をどう変えるか? - 09/05/29
(37)今の日本は敗戦間近の1940年に似ているのかもしれない - 09/05/22
(36)米国・EU・日本・中国・ロシア・インド--世界6大国の戦力を分析する - 09/05/19
(35)アメリカは巨人、日本はソフトバンク--プロ野球を通して考える国際政治 - 09/04/29
(34)中国経済は、短期中立、中長期では悲観?(下) - 09/04/23
(33)中国経済は、短期中立、中長期では悲観?(上) - 09/04/16
(33)中国経済は、短期中立、中長期では悲観?(上) - 09/04/16
(32) バラバラの中国人を束ねる、イデオロギーは存在するのか? - 09/04/08
(31)中国研修旅行-厳しい北京の環境と、内向きなアメリカ人学生 - 09/04/03
(30)WBCナマ観戦で感じた侍ジャパン応援団の課題 -2009/03/23
(29)スタンフォードで体得した! 効率よく知力を鍛える勉強法 -2009/03/12
(28)留学するなら、2年間がちょうど良い -2009/03/05
(27)”政治”を志す若者に就職活動のアドバイスをするとしたら -2009/02/26
(26)アメリカで盛り上がる、日米“バブル崩壊”比較論 -2009/02/18
(25)韓国留学バブル崩壊! ニッポンの若者よ、留学するなら今がチャンス - 09/02/12
(24)日本の戦後史はあまりにも面白くない -2009/02/05
(23)アメリカで分かった中国人とのつきあい方 -2009/01/28
(22)スタンフォード学生も四苦八苦! 大不況下の「就職活動」 -2009/01/22
(21)米国の知識層を充実させる知的職業の豊富さ -2009/01/14
(20)激動の2009年。「私の予測」と「私の目標」 -2009/01/08
(19)15カ月ぶりの日本で感じたこと -2008/12/26
(18)アメリカ式教育の、強みと弱み -2008/12/17
(17)私が日本の未来を悲観しない理由。オシャレで有能な日本の若者がたくさんいるから -2008/12/11
(16)“英会話”は二の次でいい。本当に大事なのは“英作文力” -2008/12/03
(15)最新メディア事情。新聞は壊滅。でも、雑誌は頑張っている -2008/11/26
(14)ヒロシマ、ナガサキは本当に必要だったのか? 米国で再燃する『原爆』論議 -2008/11/19
(13)ブッシュ大統領と意外と似てる? オバマ新大統領を性格診断してみると -2008/11/12
(12)夫婦留学のススメ、妻が帰国して痛感するありがたさ -2008/11/05
(11)アメリカで考える、日本の雑誌とジャーナリストのこれから -2008/10/28
(10)快楽のないアメリカ文化、成熟国家の若者には物足りない? -2008/10/21
(9)金融危機に、アメリカ時代の終わりを感じる -2008/10/16
(8)内側から見たアメリカの大学と学生--”見掛け倒し”と”本当にすごい”ところ -2008/10/07
(7)先進国でトップ。アメリカの高い出生率の秘密 -2008/09/30
(6)オバマでもマケインでも変わらぬ対中融和政策 -2008/09/24
(5)急増する韓国人学生に感じる“たくましさ”と“わびしさ” -2008/09/16
(4)保守派の愛国心、リベラル派の愛国心 -2008/09/10
(3)日本人の英会話を改善する3つのヒント -2008/09/03
(2)学歴とコネづくりに奔走する米国エリート学生たち -2008/08/29
(1)中国人と一緒に観戦する北京オリンピック -2008/08/21

(写真:鈴木紳平)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT