米国・EU・日本・中国・ロシア・インド--世界6大国の戦力を分析する《若手記者・スタンフォード留学記 36》


 前回は、国家をプロ野球の球団にたとえながら、国際政治の今を概括してみました。今回は、もうちょっと真面目に(笑)、具体的なデータを交えながら、6つの大国-米国、EU、日本、中国、ロシア、インド--の戦力を分析してみたいと思います。

はじめに、国の力を定義するには、2つの点を明確する必要があります。

ひとつ目は、「国の力を構成する要素とは何か」という点です。

たとえば、プロ野球ならば、打力、投手力、守備力、監督力、フロント力の5つが戦力を決定づけます。国家レベルの戦力分析については、専門家の間で諸説ありますが、最もオーソドックスな方法は、「経済力」、「軍事力」、「政治力」、「文化力」という4つの力と、「人口」と「地理」(国土の広さや天然資源の量など)の2つの要素を組み合わせるやり方でしょう。
 
 2つ目のポイントは、「その国力を成す6つの分野のどれに比重を置くか」です。

これは、時代と分析者の価値観によって大きく左右されます。

時代背景という点では、第2次世界大戦以降、軍事力の相対的な重要性が下がり、逆に経済力の相対的な重要性が上がり続けています。ソ連崩壊の最大の理由の1つは、軍事にばかりお金を投じて、経済を蔑ろにしたことです。ただし、軍事力が依然として国力の源泉であることも事実で、日本・ドイツのように経済に専ら集中してきた国は、やはり超大国にはなれない。

私個人は、「国力=経済力4割、 軍事力2割、政治力1割、文化力1割、人口1割、国土1割」といったあたりをイメージしています。

どの分野に重点を置くにせよ、アメリカの圧倒的な優位は変わりませんが、軍事、とりわけ、核兵器を重視すると、中国、ロシアは、アメリカに次ぐ大国となります。たとえば、より軍事力にフォーカスしている「Great Power Politics」というウェブサイトは、アメリカに次ぐ国として、中国、ロシアを上げ、日本を4位においています。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。