米国・EU・日本・中国・ロシア・インド--世界6大国の戦力を分析する《若手記者・スタンフォード留学記 36》



日本の国土は狭い。でも、海はでかい

最後に、国土の広さと豊かさです。

飛びぬけて国土がでかいのはロシア、そして、飛びぬけて国土が狭いのは日本、その差は実に46倍です。日露戦争の日本の勝利に世界が驚嘆したのもうなずけるところです。

ただ、国土も広ければいいというわけではありません。より重要なのは、土地の豊かさと資源の量です。

たとえば、中国は世界第2位の国土を誇りますが、耕作可能な土地は、国土の15%に過ぎません(インドは、国土の54%が耕作可能)。ロシア・アメリカに比べると天然資源にも恵まれておらず、中国の1人当たりの天然資源は、世界平均の半分以下です。

さらに、国土の広さは、隣接する国を増やし、防衛費を膨張させるというマイナス面もあります。中国は14カ国と国境を接しているうえ、チベット、ウイグルの反体制分子、国内の暴動、台湾有事に備える必要があるため、どうしても軍事費はかさんでしまいます。家が広いと、メンテナンスに時間とコストがかかるのと同様、国が広いのも大変です。

その点、アメリカは、左右を海で囲まれ、上下を友好的な国に挟まれている世界一巨大な島国です。そして、自然や土地が豊か。カリフォルニアに住んでいても、アメリカは”神に祝福された”土地だな、とつくづく感じます。

つまり、ロシア、アメリカの場合、国土の広さは、土地・資源の豊富さとあいまって、国力の基礎となっていますが、中国の場合は、その恩恵は限られます。

加えて、国土を陸地だけで見るのも誤りです。

日本は、国土は狭いですが、領海、排他的経済水域の広さは世界6位です。つまり、海を含めて見ると、国土は大きいわけです。したがって、もし巨大な海底油田が見つかったり、海を利用した新エネルギー開発(海の藻を利用したバイオ燃料など)が実用化されたりすれば、日本が一転、資源国となる可能性もあるわけです。イノベーション次第で地政学のルールは変わります。

以上6大国の国力を分野別に見てきましたが、最後に、それらを総合するとどうなるか、考えて見ます。

経済力を重視すれば、順位は、アメリカとEUがガチンコで、日本、中国、ロシア、インドが続く形。一方、軍事力を重視すれば、アメリカが頭一つ抜けて、EU、中国、ロシア、日本、インドの順となるでしょう。

日中の比較について言うと、経済、ソフトパワーで日本に軍配。人口、国土では中国に軍配。軍事力、政治力では引き分け。総合では、ほぼ同じくらいの国力といえるのではないでしょうか。

以上の分析に基づいて、次回からは、前回のコラムでお約束したとおり、「では日本は国力を増進するために、どうすればよいのか」について、考えてみたいと思います。


佐々木 紀彦(ささき・のりひこ)
 1979年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業後、東洋経済新報社で自動車、IT業界などを担当。2007年9月より休職し、現在、スタンフォード大学大学院修士課程で国際政治経済の勉強に日夜奮闘中。

《若手記者・スタンフォード留学記》バックナンバー
(40)さよならスタンフォード、ただいま日本 - 09/06/17
(39)ニッポン国力増進計画 - 09/06/11
(38)既得権益”崩壊は、マスコミ人の働き方をどう変えるか? - 09/05/29
(37)今の日本は敗戦間近の1940年に似ているのかもしれない - 09/05/22
(36)米国・EU・日本・中国・ロシア・インド--世界6大国の戦力を分析する - 09/05/19
(35)アメリカは巨人、日本はソフトバンク--プロ野球を通して考える国際政治 - 09/04/29
(34)中国経済は、短期中立、中長期では悲観?(下) - 09/04/23
(33)中国経済は、短期中立、中長期では悲観?(上) - 09/04/16
(33)中国経済は、短期中立、中長期では悲観?(上) - 09/04/16
(32) バラバラの中国人を束ねる、イデオロギーは存在するのか? - 09/04/08
(31)中国研修旅行-厳しい北京の環境と、内向きなアメリカ人学生 - 09/04/03
(30)WBCナマ観戦で感じた侍ジャパン応援団の課題 -2009/03/23
(29)スタンフォードで体得した! 効率よく知力を鍛える勉強法 -2009/03/12
(28)留学するなら、2年間がちょうど良い -2009/03/05
(27)”政治”を志す若者に就職活動のアドバイスをするとしたら -2009/02/26
(26)アメリカで盛り上がる、日米“バブル崩壊”比較論 -2009/02/18
(25)韓国留学バブル崩壊! ニッポンの若者よ、留学するなら今がチャンス - 09/02/12
(24)日本の戦後史はあまりにも面白くない -2009/02/05
(23)アメリカで分かった中国人とのつきあい方 -2009/01/28
(22)スタンフォード学生も四苦八苦! 大不況下の「就職活動」 -2009/01/22
(21)米国の知識層を充実させる知的職業の豊富さ -2009/01/14
(20)激動の2009年。「私の予測」と「私の目標」 -2009/01/08
(19)15カ月ぶりの日本で感じたこと -2008/12/26
(18)アメリカ式教育の、強みと弱み -2008/12/17
(17)私が日本の未来を悲観しない理由。オシャレで有能な日本の若者がたくさんいるから -2008/12/11
(16)“英会話”は二の次でいい。本当に大事なのは“英作文力” -2008/12/03
(15)最新メディア事情。新聞は壊滅。でも、雑誌は頑張っている -2008/11/26
(14)ヒロシマ、ナガサキは本当に必要だったのか? 米国で再燃する『原爆』論議 -2008/11/19
(13)ブッシュ大統領と意外と似てる? オバマ新大統領を性格診断してみると -2008/11/12
(12)夫婦留学のススメ、妻が帰国して痛感するありがたさ -2008/11/05
(11)アメリカで考える、日本の雑誌とジャーナリストのこれから -2008/10/28
(10)快楽のないアメリカ文化、成熟国家の若者には物足りない? -2008/10/21
(9)金融危機に、アメリカ時代の終わりを感じる -2008/10/16
(8)内側から見たアメリカの大学と学生--”見掛け倒し”と”本当にすごい”ところ -2008/10/07
(7)先進国でトップ。アメリカの高い出生率の秘密 -2008/09/30
(6)オバマでもマケインでも変わらぬ対中融和政策 -2008/09/24
(5)急増する韓国人学生に感じる“たくましさ”と“わびしさ” -2008/09/16
(4)保守派の愛国心、リベラル派の愛国心 -2008/09/10
(3)日本人の英会話を改善する3つのヒント -2008/09/03
(2)学歴とコネづくりに奔走する米国エリート学生たち -2008/08/29
(1)中国人と一緒に観戦する北京オリンピック -2008/08/21
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT