米国・EU・日本・中国・ロシア・インド--世界6大国の戦力を分析する《若手記者・スタンフォード留学記 36》



 アメリカ、EU、日本、中国、ロシア、インドの国力を、前述の分野別にランキングすると、次のようになります。

[+クリックして画像拡大]

日本と中国。軍事力・政治力では引き分け

分野ごとに、日中の戦力比較と合わせて、ざっと中身について説明してみましょう。

第1に、経済力の指標として用いたのは、各国の名目GDP(国内総生産)です。実際には、経済の規模だけでなく、経済の質(1人当たりGDP、技術水準、特許数、教育レベルなど)も考慮すべきところですが、簡潔にGDPのみにしました。

国別に見ると、トップはEUで、それに続くのはアメリカ。以下、日本、中国、ロシア、インドが続きます。

データの種類にもよりますが、日本を中国が追い抜くには、まだ5年以上かかるでしょう。

第2に、軍事力は、アメリカがダントツです。

核兵器数こそロシアの後塵を拝しますが、軍事費、テクノロジー水準はスバ抜けています。2位につけるのはEUですが、EUの軍事費は、各加盟国の軍事費を積み上げた架空の数字ですので、他国の軍事費とは意味合いが異なる点には注意がいります。

日中の比較という点では、核兵器数、軍事費ともに中国が日本を上回っています。

しかしながら、軍事テクノロジーや隊員の訓練度を加味すると、実質的にはまだ日本の軍事力の方が上だという声も有力です(中国は兵器の多くをロシアから輸入しており、独自の開発技術に乏しい)。一部で伝えられるとおり、中国が空母建造に成功すれば、今後10年で日中の軍事バランスは逆転しうるでしょう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT