スタンフォードで体得した! 効率よく知力を鍛える勉強法《若手記者・スタンフォード留学記 29》



 私は、教師としての大学教授の力量は、(1)構成力(授業のテーマや教材の選び方、その順番の決め方)、(2)司会者としての能力、(3)批評家としての能力、の3つにあると思っているのですが、(1)の構成力は、実際に授業を受けなくても、見極め可能です。

ある教授が進めている課題図書をまず読んでみて、退屈かつ凡庸なものが多ければ、もう読み進める必要はありません。一方、試し読みして面白いと感じたら、その教授の推薦図書をぶっ通しで読んで見ることです。そうすれば、授業を実際に受けるのと遜色ないレベル、いやときにはそれ以上の知力向上を望めるはずです。

実際、昨年の夏休み、上記の手法を実践すべく、インドア派の私は(笑)、ひたすら図書館にこもって論文・書籍を読み漁ったのですが、このときに一番知力の向上を実感しました(大学生活で、夏休みに一番成長したというのも変な話ですが(笑))。2年目になって、レポートの成績が格段に向上したのも、この鍛錬のおかげだと思っています。

この例に限らず、「勉強の真髄とは自習である」とこの頃痛感します。というのも、最近、教室というリアルな場所を共有して、皆で授業を受けることのメリットをあまり感じなくなってきたのです。

授業を受けていても、課題図書の枠組みからはみ出た斬新な意見は本当に稀で、大半がどこかで語られた話の繰り返しです。授業で生徒同士が討論するというのは、さほど知力向上には役立たない、というのが私の実感です。討論というのは、やはり高度な専門知識を共有した人間同士でなされるとき、最も効果が出ます。

加えて、大学で授業を受けながら課題図書を読んでいると、どうしても「やらされている感」が出てきます。選択科目でなく必修科目であれば尚更です。学期中は、レポートにプレゼンに課題図書に、いつも忙しくして、相当勉強しているような気がするのですが、意外と頭に残っていないものなのです。

その点、シラバスを利用した独習は能動的ですから、知識の吸収スピードが速い。個人的に、知力向上に最も大切なのは、”好奇心の持続”だと思っていますから、楽しく勉強する工夫は極めて重要です(まあ、これは昔から好きなことだけを集中して勉強する私の性格のせいかもしれませんが(笑))。

楽しい独習によって基礎を築く。そして、その基礎をベースとして、左派系の『ニューヨークタイムズ』、右派系の『ウォールストリートジャーナル』、そして中道の『エコノミスト』を常時読んで、新しい知識をアップデートしていく。それを習慣にすれば、世界のどこに行っても通用する知的基盤が出来上がるはずです。

日本帰国後は、アメリカで習得したこの自習スタイルをさらに進化させたいと思っています。世界の論調を常にカバーしつつも、欧米発の視点を鵜呑みにするのではなく、それをときには批判的に分析し、日本人としての独自性・付加価値をつけた上で発信する--そうした能力を高めることが、次なる私の目標です。

佐々木 紀彦(ささき・のりひこ)
 1979年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業後、東洋経済新報社で自動車、IT業界などを担当。2007年9月より休職し、現在、スタンフォード大学大学院修士課程で国際政治経済の勉強に日夜奮闘中。

《若手記者・スタンフォード留学記》バックナンバー
(40)さよならスタンフォード、ただいま日本 - 09/06/17
(39)ニッポン国力増進計画 - 09/06/11
(38)既得権益”崩壊は、マスコミ人の働き方をどう変えるか? - 09/05/29
(37)今の日本は敗戦間近の1940年に似ているのかもしれない - 09/05/22
(36)米国・EU・日本・中国・ロシア・インド--世界6大国の戦力を分析する - 09/05/19
(35)アメリカは巨人、日本はソフトバンク--プロ野球を通して考える国際政治 - 09/04/29
(34)中国経済は、短期中立、中長期では悲観?(下) - 09/04/23
(33)中国経済は、短期中立、中長期では悲観?(上) - 09/04/16
(33)中国経済は、短期中立、中長期では悲観?(上) - 09/04/16
(32) バラバラの中国人を束ねる、イデオロギーは存在するのか? - 09/04/08
(31)中国研修旅行-厳しい北京の環境と、内向きなアメリカ人学生 - 09/04/03
(30)WBCナマ観戦で感じた侍ジャパン応援団の課題 -2009/03/23
(29)スタンフォードで体得した! 効率よく知力を鍛える勉強法 -2009/03/12
(28)留学するなら、2年間がちょうど良い -2009/03/05
(27)”政治”を志す若者に就職活動のアドバイスをするとしたら -2009/02/26
(26)アメリカで盛り上がる、日米“バブル崩壊”比較論 -2009/02/18
(25)韓国留学バブル崩壊! ニッポンの若者よ、留学するなら今がチャンス - 09/02/12
(24)日本の戦後史はあまりにも面白くない -2009/02/05
(23)アメリカで分かった中国人とのつきあい方 -2009/01/28
(22)スタンフォード学生も四苦八苦! 大不況下の「就職活動」 -2009/01/22
(21)米国の知識層を充実させる知的職業の豊富さ -2009/01/14
(20)激動の2009年。「私の予測」と「私の目標」 -2009/01/08
(19)15カ月ぶりの日本で感じたこと -2008/12/26
(18)アメリカ式教育の、強みと弱み -2008/12/17
(17)私が日本の未来を悲観しない理由。オシャレで有能な日本の若者がたくさんいるから -2008/12/11
(16)“英会話”は二の次でいい。本当に大事なのは“英作文力” -2008/12/03
(15)最新メディア事情。新聞は壊滅。でも、雑誌は頑張っている -2008/11/26
(14)ヒロシマ、ナガサキは本当に必要だったのか? 米国で再燃する『原爆』論議 -2008/11/19
(13)ブッシュ大統領と意外と似てる? オバマ新大統領を性格診断してみると -2008/11/12
(12)夫婦留学のススメ、妻が帰国して痛感するありがたさ -2008/11/05
(11)アメリカで考える、日本の雑誌とジャーナリストのこれから -2008/10/28
(10)快楽のないアメリカ文化、成熟国家の若者には物足りない? -2008/10/21
(9)金融危機に、アメリカ時代の終わりを感じる -2008/10/16
(8)内側から見たアメリカの大学と学生--”見掛け倒し”と”本当にすごい”ところ -2008/10/07
(7)先進国でトップ。アメリカの高い出生率の秘密 -2008/09/30
(6)オバマでもマケインでも変わらぬ対中融和政策 -2008/09/24
(5)急増する韓国人学生に感じる“たくましさ”と“わびしさ” -2008/09/16
(4)保守派の愛国心、リベラル派の愛国心 -2008/09/10
(3)日本人の英会話を改善する3つのヒント -2008/09/03
(2)学歴とコネづくりに奔走する米国エリート学生たち -2008/08/29
(1)中国人と一緒に観戦する北京オリンピック -2008/08/21
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT