《若手記者・スタンフォード留学記13》ブッシュ大統領と意外と似てる? オバマ新大統領を性格診断してみると

印刷
A
A



 3)ジェファソニアン(トーマス・ジェファーソン第3代大統領に由来)

定義:孤立主義。国内政策を対外政策よりも重視する。アメリカの民主主義を守るための最善の方法は、他国に干渉したり、自らの価値を押し付けたりしないことである。

例:ジョージ・ケナン(外交官)、ウォーター・リップマン(ジャーナリスト)

4)ジャクソニアン(アンドリュー・ジャクソン第7代大統領に由来)

定義:ポピュリスト、かつ、ナショナリスト。複雑な世界の構造をシンプルに眺める傾向あり。国益のためならば、武力行使を厭わない。

例:ロナルド・レーガン(1981-89)、ジョージ・W・ブッシュ(第2期目)(2005-09)、ジョン・マケイン

この4つのカテゴリーの中で、オバマ氏はどのタイプに当てはまるでしょうか?

私の考えでは、左派のウィルソニアンです。

ある意味では、最も対極に位置するように見える、ブッシュ現大統領とオバマ次期大統領は、右・左の違いはあるにせよ、理想主義的であるところはすごく似ています(ブッシュ大統領は、2期目にはネオコンと決別し、むしろ、ジャクソニアン的になりましたが)。そもそも、ネオコンは民主党の左派に源流がありますから、それも当然かもしれません。

左派ウィルソニアンの直近の先輩は、1977年から81年まで首相を務めたジミー・カーター氏です。ただ、彼の”人権外交”はさしたる効果を上げられず、それまで友好国だったイランを、今日にまで至る、アメリカの頭痛の種に変えてしまいました。こうした事情もあり、マケイン陣営は「オバマは新しいカーター」だと、キャンペーン中も揶揄していました。

今週のエコノミスト誌(The Economist, November 8th-14th, ”Obama's world ”)も、オバマ氏に期待を寄せつつ、「大国同士の間にもはや競合関係は存在しない」というオバマ氏の理想主義的な認識には疑問を投げかけています。「むしろ世界は、大国の利害がぶつかりあう19世紀の世界に回帰している」というのが同誌の主張です。

たとえば、同誌が記事中で引用している、外交評論家のロバート・ケーガン氏は、著書の中で、「アメリカは唯一の超大国で留まり続ける。だが、ロシア、中国、ヨーロッパ、日本、インド、イランなどの大国とともに競い合う時代が再び帰ってきた」と語っています。(『The Return of History and the End of Dreams』(歴史の回帰と夢想の終焉)未邦訳)

しかしながら、オバマ氏は、イデオロギーにどっぷり漬かった、頑迷な理想主義者だとは思えません。

メディアに出てくるオバマ氏の知人は、口をそろえて彼を「プラグマティスト、リアリスト」と呼びます。自らの理想におぼれて、失敗するタイプには見えません。『フォーリン・アフェアーズ』の自身の論文でも、必要とあらば、軍事力の行使はためらわない旨をはっきり語っています。ブッシュ氏よりも、国連や同盟国との連携を重視するが、武力行使に消極的になるわけではない、ということでしょう。

たとえば、中国について言うと、第6回「オバマでもマケインでも変わらぬ対中融和政策」でも書きましたが、人権の旗を掲げて、急に中国に厳しくなったりすることはないでしょう。北朝鮮のテロ指定国家解除をオバマが支持したのも、拉致問題を含む人権うんぬんよりも、核拡散を防ぐことがアメリカの国益にとって最優先だと、現実的に考えているからでしょう。

決断の仕方は、クリントンに似いてる

では、彼のマネジメントスタイルはどうでしょうか?

CNNの『GPS』という番組で、ルービン元財務長官は、オバマ氏について、次のように語っていました。

「彼は、クリントン元大統領と決断に対するアプローチがとても似ている。すべての事実を集めた上で、それぞれの長短や確率をじっくり見極めた上で、判断を下す。ユーモアのセンスがあるところも、年齢の離れている相手とも違和感なくコミュニケーションをとれるところもクリントン氏にそっくりだ」

オバマ氏もクリントン氏も二人とも、弁護士の出身ですし、妻がともにロースクール時代の同級生です。また、2人には、実父と幼くして離別している、という共通点もあります。オバマ氏の両親は彼が3歳のときに離婚。クリントン氏の父親は彼が生まれる3カ月前に交通事故で死亡しています。気性の荒さという点では、大きな違いがありそうですが(オバマ氏の長年の友人は、「彼が感情的になって怒ったのを見たことがない」とテレビで語っていました)、マネジメントのスタイルはクリントン氏とかなり似ているようです。

アジア、メキシコ通貨危機を切り抜けた、クリントン流の意思決定は、オバマ政権でもうまく機能するのか--未曾有の金融危機に立向う、オバマ新大統領のお手並みを拝見するのが、今から楽しみです。

佐々木 紀彦(ささき・のりひこ)
 1979年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業後、東洋経済新報社で自動車、IT業界などを担当。2007年9月より休職し、現在、スタンフォード大学大学院修士課程で国際政治経済の勉強に日夜奮闘中。

《若手記者・スタンフォード留学記》バックナンバー
(40)さよならスタンフォード、ただいま日本 - 09/06/17
(39)ニッポン国力増進計画 - 09/06/11
(38)既得権益”崩壊は、マスコミ人の働き方をどう変えるか? - 09/05/29
(37)今の日本は敗戦間近の1940年に似ているのかもしれない - 09/05/22
(36)米国・EU・日本・中国・ロシア・インド--世界6大国の戦力を分析する - 09/05/19
(35)アメリカは巨人、日本はソフトバンク--プロ野球を通して考える国際政治 - 09/04/29
(34)中国経済は、短期中立、中長期では悲観?(下) - 09/04/23
(33)中国経済は、短期中立、中長期では悲観?(上) - 09/04/16
(33)中国経済は、短期中立、中長期では悲観?(上) - 09/04/16
(32) バラバラの中国人を束ねる、イデオロギーは存在するのか? - 09/04/08
(31)中国研修旅行-厳しい北京の環境と、内向きなアメリカ人学生 - 09/04/03
(30)WBCナマ観戦で感じた侍ジャパン応援団の課題 -2009/03/23
(29)スタンフォードで体得した! 効率よく知力を鍛える勉強法 -2009/03/12
(28)留学するなら、2年間がちょうど良い -2009/03/05
(27)”政治”を志す若者に就職活動のアドバイスをするとしたら -2009/02/26
(26)アメリカで盛り上がる、日米“バブル崩壊”比較論 -2009/02/18
(25)韓国留学バブル崩壊! ニッポンの若者よ、留学するなら今がチャンス - 09/02/12
(24)日本の戦後史はあまりにも面白くない -2009/02/05
(23)アメリカで分かった中国人とのつきあい方 -2009/01/28
(22)スタンフォード学生も四苦八苦! 大不況下の「就職活動」 -2009/01/22
(21)米国の知識層を充実させる知的職業の豊富さ -2009/01/14
(20)激動の2009年。「私の予測」と「私の目標」 -2009/01/08
(19)15カ月ぶりの日本で感じたこと -2008/12/26
(18)アメリカ式教育の、強みと弱み -2008/12/17
(17)私が日本の未来を悲観しない理由。オシャレで有能な日本の若者がたくさんいるから -2008/12/11
(16)“英会話”は二の次でいい。本当に大事なのは“英作文力” -2008/12/03
(15)最新メディア事情。新聞は壊滅。でも、雑誌は頑張っている -2008/11/26
(14)ヒロシマ、ナガサキは本当に必要だったのか? 米国で再燃する『原爆』論議 -2008/11/19
(13)ブッシュ大統領と意外と似てる? オバマ新大統領を性格診断してみると -2008/11/12
(12)夫婦留学のススメ、妻が帰国して痛感するありがたさ -2008/11/05
(11)アメリカで考える、日本の雑誌とジャーナリストのこれから -2008/10/28
(10)快楽のないアメリカ文化、成熟国家の若者には物足りない? -2008/10/21
(9)金融危機に、アメリカ時代の終わりを感じる -2008/10/16
(8)内側から見たアメリカの大学と学生--”見掛け倒し”と”本当にすごい”ところ -2008/10/07
(7)先進国でトップ。アメリカの高い出生率の秘密 -2008/09/30
(6)オバマでもマケインでも変わらぬ対中融和政策 -2008/09/24
(5)急増する韓国人学生に感じる“たくましさ”と“わびしさ” -2008/09/16
(4)保守派の愛国心、リベラル派の愛国心 -2008/09/10
(3)日本人の英会話を改善する3つのヒント -2008/09/03
(2)学歴とコネづくりに奔走する米国エリート学生たち -2008/08/29
(1)中国人と一緒に観戦する北京オリンピック -2008/08/21
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT