《若手記者・スタンフォード留学記 10》快楽のないアメリカ文化、成熟国家の若者には物足りない?


ある友人は、「車に乗らずに、ぶらっと居酒屋に寄って、酒をあおった後に、ラーメンを食う。それがない生活は、1年が限界だ」と語っていました。私はそんなにラーメン好きではないですが(笑)、気持ちはよくわかります。

日本とヨーロッパの類似性

もちろん、アメリカファンの方には、「あなたの話は、西海岸だからだろう」と反論されそうですが、旅行した経験から言うと、東海岸生活も性に合いそうにありません。ニューヨークやボストンの寒さは、九州生まれの私にはきっと耐えられませんし、アメリカの都会生活は、金がない貧乏学生には酷です。個人的には、ロンドンの方が断然面白い(こちらも物価は高いですが...)

私の嗜好が、若者の最大公約数とはいえないでしょうが、「今の若者は、よっぽど明確な目標がない限り、貴重な時間とお金を投じてまで、留学はしないだろうな」と納得する今日この頃です。アメリカの高等教育のレベルの高さには、驚かせられますが、日本でもやる気と覚悟さえあれば、知的な生活を送ることは充分可能です(最近は、MITなどが、一部の授業の内容をウェブ上で無料公開しています)。

つまるところ、日本人留学生の減少は、日本を発展途上国としてみると、嘆くべき出来事ですが、成熟国家としてみると、当然の成り行きといえるわけです。

そもそも、ドイツ人やフランス人の学生が、アメリカへの留学生が減っていることを嘆くでしょうか?答えは「否」でしょう。

ここ15年程度、英国、ドイツ、フランスからアメリカへの留学生は、英国が7000~8000人、ドイツが8000~9000人、フランスが6000~7000人の範囲を上下しているだけで、大きな変化はありません。ただ、「留学生を増やさなければ」といった懸念の声をヨーロッパ人から、ついぞ聞いたことがありません。

ヨーロッパからの留学生と話すと、東欧圏から来た人間はアメリカに残りたがる傾向がありますが、西欧圏の学生は、「ヨーロッパの生活のほうが楽しい、早く帰りたい」という反応が多数派です。

日本人の若者は、ある意味、ヨーロッパの若者のようになってきているのでしょう。梅棹忠夫氏が指摘したように、日本文明は西ヨーロッパの文明と共通するところが大きいのかもしれません。日本人の留学生も、これから数年さらに減ったあと、ヨーロッパ諸国のように、一定の水準で落ち着くようになるのではないでしょうか。

 内向きになるのは、悪いことばかりではない

私自身、留学すること自体には、大いに賛成です。そして、海外に対して目を開くことは、日本にとって、かつてなく重要になっています。ただ、一部の経済学者が繰り返す「日本人留学生減少→それは日本の若者が内向きになったから→日本の国際競争力は衰える→日本の将来は暗い」といったステレオタイプな議論には同意しかねます。

今、ロサンゼルスで映画プロデューサーの修行をしている友人はよく「国は成熟するにつれ、内向きになる」と言います。日本で、ハリウッド映画が失速し、邦画が復権していきているのも、その一つの現れかもしれません。

人間の人生に「攻めるとき」と「守るとき」があるように、国にもバイオリズムがあります。今の日本は、戦後からバブル期までのイケイケドンドンのときを終え、一歩立ち止まって内省するときを迎えているのでしょう。

今の内向きの傾向をただ嘆くのではなく、自分の歴史や自画像を見つめなおす、よい機会として、ポジティブにとらえてはどうでしょうか。その内省期間は、きっと、将来の礎となるはずですから。

まあ、つらつらと語ってしまいましたが、私は将来、仕事以外の理由で、アメリカに来ることはないと思います。娯楽がないからです。とはいえ、あと1年は、日本への郷愁を断ち切り、ひたすら修行僧生活にひたりたいと思います(笑)。

佐々木 紀彦(ささき・のりひこ)
1979年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業後、東洋経済新報社で自動車、IT業界などを担当。2007年9月より休職し、現在、スタンフォード大学大学院修士課程で国際政治経済の勉強に日夜奮闘中。

 

《若手記者・スタンフォード留学記》バックナンバー
(40)さよならスタンフォード、ただいま日本 - 09/06/17
(39)ニッポン国力増進計画 - 09/06/11
(38)既得権益”崩壊は、マスコミ人の働き方をどう変えるか? - 09/05/29
(37)今の日本は敗戦間近の1940年に似ているのかもしれない - 09/05/22
(36)米国・EU・日本・中国・ロシア・インド--世界6大国の戦力を分析する - 09/05/19
(35)アメリカは巨人、日本はソフトバンク--プロ野球を通して考える国際政治 - 09/04/29
(34)中国経済は、短期中立、中長期では悲観?(下) - 09/04/23
(33)中国経済は、短期中立、中長期では悲観?(上) - 09/04/16
(33)中国経済は、短期中立、中長期では悲観?(上) - 09/04/16
(32) バラバラの中国人を束ねる、イデオロギーは存在するのか? - 09/04/08
(31)中国研修旅行-厳しい北京の環境と、内向きなアメリカ人学生 - 09/04/03
(30)WBCナマ観戦で感じた侍ジャパン応援団の課題 -2009/03/23
(29)スタンフォードで体得した! 効率よく知力を鍛える勉強法 -2009/03/12
(28)留学するなら、2年間がちょうど良い -2009/03/05
(27)”政治”を志す若者に就職活動のアドバイスをするとしたら -2009/02/26
(26)アメリカで盛り上がる、日米“バブル崩壊”比較論 -2009/02/18
(25)韓国留学バブル崩壊! ニッポンの若者よ、留学するなら今がチャンス - 09/02/12
(24)日本の戦後史はあまりにも面白くない -2009/02/05
(23)アメリカで分かった中国人とのつきあい方 -2009/01/28
(22)スタンフォード学生も四苦八苦! 大不況下の「就職活動」 -2009/01/22
(21)米国の知識層を充実させる知的職業の豊富さ -2009/01/14
(20)激動の2009年。「私の予測」と「私の目標」 -2009/01/08
(19)15カ月ぶりの日本で感じたこと -2008/12/26
(18)アメリカ式教育の、強みと弱み -2008/12/17
(17)私が日本の未来を悲観しない理由。オシャレで有能な日本の若者がたくさんいるから -2008/12/11
(16)“英会話”は二の次でいい。本当に大事なのは“英作文力” -2008/12/03
(15)最新メディア事情。新聞は壊滅。でも、雑誌は頑張っている -2008/11/26
(14)ヒロシマ、ナガサキは本当に必要だったのか? 米国で再燃する『原爆』論議 -2008/11/19
(13)ブッシュ大統領と意外と似てる? オバマ新大統領を性格診断してみると -2008/11/12
(12)夫婦留学のススメ、妻が帰国して痛感するありがたさ -2008/11/05
(11)アメリカで考える、日本の雑誌とジャーナリストのこれから -2008/10/28
(10)快楽のないアメリカ文化、成熟国家の若者には物足りない? -2008/10/21
(9)金融危機に、アメリカ時代の終わりを感じる -2008/10/16
(8)内側から見たアメリカの大学と学生--”見掛け倒し”と”本当にすごい”ところ -2008/10/07
(7)先進国でトップ。アメリカの高い出生率の秘密 -2008/09/30
(6)オバマでもマケインでも変わらぬ対中融和政策 -2008/09/24
(5)急増する韓国人学生に感じる“たくましさ”と“わびしさ” -2008/09/16
(4)保守派の愛国心、リベラル派の愛国心 -2008/09/10
(3)日本人の英会話を改善する3つのヒント -2008/09/03
(2)学歴とコネづくりに奔走する米国エリート学生たち -2008/08/29
(1)中国人と一緒に観戦する北京オリンピック -2008/08/21

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT