惜しい!日本人が間違いすぎる英語表現3つ

過ぎたるは及ばざるがごとし?!

“強調”のつもりで使った言葉が、違う意味になってしまうこともあります(写真 : 【Tig.】Tokyo image groups / PIXTA)
「英語公用語化」を推し進める楽天など、多くの企業研修の場でビジネスパーソンに英語を教えてきた英会話イーオンの人気講師、箱田勝良氏。これまで約1万人に教えた経験から、多くの人に共通する「弱点」が見えてきたといいます。今回の記事では、「~すぎる」という表現をするときの落とし穴について取り上げます。

美人すぎる市議、天使すぎるアイドル、おいしすぎるパン。「~すぎる」という表現、すっかり定着したようで、あちこちで目にしませんか。たいてい「すごく~」と強調する意味で使われています。「予想以上に」や「平均以上に」という気持ちが込められてこのように使われるようになったのでしょうか。本来の「~すぎる」という意味よりも、この強調の意味で使われる方が多くなった気がします。

でも、さすがに「天使すぎる」って、行きすぎなのでは? 英語でも「ネイティブすぎる発音」とか「スラングすぎるフレーズ」、「ビジネスすぎる言い回し」や「直訳すぎる間違い」なんていうのが出てくるかも。いや、もう出ているかも?

でも、「すごく~」や「とても~」という強調の意味で使っている「~すぎる」という表現、英語で言いたいときには要注意。「度合い」を表す表現や「強調」の表現は、惜しい間違いがとても多いのです。

値段が高すぎて買えないハチミツ

まずは、あるアパレルメーカーに勤めるハナコさんのケース。はやりものには目がないようで、話題のレストランや新製品から、人気スポットや行列のできる店まで、今が旬のものなら何でもお任せというタイプの情報通キャリアウーマン。グリーンスムージーにハマっていたかと思ったら、今度はコールドプレスジュースなのだとか。スピルリナとマキベリーもお勧めだそう。週末には健康にいいスーパーフードのお店をはしごするのが日課で、この前もマヌカハニーという蜂蜜のことを話してくれました。

ニュージーランドにあるマヌカという木から採れる蜂蜜らしく、殺菌力があって、美容にも健康にもいいとのこと。筆者を含めてその場にいたオジサン軍団は「ほぉう~」と耳を傾けていたのですが、その中のひとりが「マヌケハニー?」なんてふざけて言ったら、ハナコさんにThat’s a bad dad joke! (くだらないおやじギャグ)とたしなめられてしまいました。

次ページ「値段が高すぎる」のつもりが…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT