日本人を「頼りなく」みせる英単語はこれだ!

やる気が伝わらないのには原因がある

(写真:xiangtao / PIXTA)
「英語公用語化」を推し進める楽天など、多くの企業研修の場でビジネスパーソンに英語を教えてきた箱田勝良氏。これまで約1万人に教えた経験から、多くの人に共通する「弱点」が見えてきたといいます。今回の記事では、日本人がよくやりがちな、ある言い回しについて取り上げます。

 

筆者はこれまで約1万人の方に英語を教えてきましたが、その中で受講生のプレゼンテーションやスピーチ、ディスカッションを聞く機会が多くあります。そこでよく気になるのが、日本人を優柔不断だったり、頼りなくみせてしまうあの単語。具体的には、“maybe”の多用です。

日本語的な発想で聞いているとあまり違和感がないのですが、英語モードで聞くと、一気に何を言っているのかわからなくなることがあります。

“maybe”を文に付け加えても、必ずしも文法的に間違っているわけでないので、あまり教師から訂正や指摘をされることもなく、使い続けることが多いのかもしれないですね。そういう意味では、英語の間違いというよりは、コミュニケーション上の間違いということになるのでしょうか。

日本語では「たぶん」や「おそらく」「~かもしれないですね」のような表現は、ビジネスシーンでもごく一般的に使われるものですが、それをそのままmaybeと置き換えてしまうと、英語では誤解や混乱を招くことがあるので、注意が必要です。

では実際、maybeを使いすぎるとどうなってしまうのか。今回は、筆者の生徒で、日頃からmaybeの多用が目立っていたタロウさんのエピソードを紹介いたします。

次ページタロウさんの、どこがいけなかった?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。