脳を鍛えたければ「ラジオ」を聞け!

ラジオ放送90年、効果的な聞き方とは?

ラジオを聞くと脳が鍛えられるワケとは?(写真:Syda Productions / Imasia)
 脳神経外科医の板倉徹氏(和歌山県立医科大学名誉教授)によると、脳を鍛えるには「ラジオ」が最適だという。ラジオはスマホやテレビなどと違って聴覚情報しかないため、それを補うために脳全体が活発に働くというのだ。逆にテレビをボーっと見続ける“テレビ漬け”の毎日では、脳が機能低下し認知症へまっしぐら――ということになりかねないという。
 では、どのようにラジオを聞けば脳の活性化につながるのか、ラジオを聞く以外ではどのようなことが脳にいいのか、『ラジオは脳にきく――頭脳を鍛える生活術』(東洋経済新報社)などの著書もある板倉氏に話を伺った。

「ラジオが脳にきく」理由

無理なく継続でき、効果抜群なシンプル生活のすすめ(上の画像をクリックするとAmazonの購入画面にジャンプします)

――なぜ、ラジオを聞くと脳が活性化するのでしょうか?

ラジオは情報が音声だけで、映像がありません。そのため、音を聞いたら、頭の中でさまざまなことを想像しなければなりません。いわゆる「場面想像」という働きです。この働きが、脳をより一層活性化させると考えられます。

光トポグラフィの写真を分析すると、ラジオニュースを聞いているときに、創造性などをつかさどる「前頭前野」と呼ばれるところがよく活性化されていることがわかります(光トポグラフィとは、近赤外光を使用して前頭葉の血流量の変化パターンを可視化する検査)。

ラジオニュースを聞いているときの光トポグラフィ写真。前頭前野が活性化していることがわかる(赤い部分が活性化されているところ)

――テレビやスマホではだめなのでしょうか?

テレビは映像による情報が一瞬のうちに脳に入り、想像という過程がありませんので、ラジオほど脳は活性化されません。光トポグラフィによる分析でも、その違いは明らかです。 

テレビニュースを見ているときの光トポグラフィ写真。ラジオニュースを聞いているときと比べ、前頭前野の活動が明らかに弱くなっている

 テレビをただボーっと見ているのは、脳によくありません。

――ラジオを聞くと、脳のどの部分が活性化するのでしょうか?

最も人間らしい脳といえる「前頭前野」がよく活性化します。

前頭前野は創造性、やる気、実行能力、感情のコントロール、決断などと関係の深いところです。仕事の能力などにも直結している「脳」といえるでしょう。

次ページ脳にいい、お勧めのラジオ番組は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT