脳を鍛えたければ「ラジオ」を聞け!

ラジオ放送90年、効果的な聞き方とは?

仕事力をアップするためにも、ラジオを聞くことが有効だといえるのではないでしょうか。

脳にいい、お勧めの番組は?

――どのようなラジオ番組が、特に脳を活性化するのでしょうか?

ラジオドラマ、トーク番組、天気予報の中で、どの番組が最も脳を活性化するか、光トポグラフィで実験してみました。

すると意外なことに、天気予報が最も脳を活性化させることがわかりました。

ラジオで天気予報を聞いているときの光トポグラフィ画像。広い範囲が活性化している

ラジオで聞く天気予報は、地図なしで地域を想起し、天気と関連づけなくてはいけません。注意力と想像力が必要となるからでしょう。

試しに、ふだんラジオをあまり聞かない人がラジオで天気予報を聞くと、わかりづらいと感じられるのではないでしょうか? でも、普段、聞きなれている人なら、すんなりと頭に入ってくるはずです。それだけ、ラジオは集中力を高め、脳を鍛えるといえるのです。

――ということは、ラジオを聞くと脳の能力が向上し、アタマがよくなるのでしょうか?

ラジオは脳をよく活性化させますので、勉強や仕事の面でも脳力アップにつながるでしょう。NHKの「ラジオ英会話」などを聞くことで、脳の活性化と英語の学習、一挙両得になるかもしれませんね。

――認知症予防などにもつながるのでしょうか?

まだしっかりとした研究結果が出ているわけではないのですが、前頭前野は、認知症で萎縮しやすい場所です。ラジオを聞くことで前頭前野が刺激され、認知症を予防できる可能性があります。

――ラジオ以外ではどのようことが脳にいいのでしょうか?

よく歩くことです。

現在、認知症予防に効果があると科学的にはっきり認められているのは、「運動」だけです。それも激しい運動ではなく、中等度の運動です。少し速めに歩くのが最もいいでしょう。

そのほか、社会活動への参加、知的活動、バランスのよい食事などが、認知症予防に効果があると考えられます。

――なるほど、ラジオを聞きながらウォーキングをすると、いっそう脳によさそうですね! 

そうかもしれませんが、交通安全には十分に気をつけてください!

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • コロナ後を生き抜く
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。