あなたが「英語を聞き取れない」根本的な理由

実は答えはとってもシンプル

私たち日本人が悩まされている英語。本当にわかるためにはどうしたらいいか。(写真 : MM4 / PIXTA)
あなたは英語が「聞き取れ」ますか? 自信を持って英語が「聞いてわかる」と言い切れますか?
この連載では、「学校で教わることのなかった本当に使うための英語」という観点で、私たち日本人が英語という長年悩まされ続けている大きな問題にフォーカスしていきます。
また同時に、現実的な観点から解決策も提示し、単なる問題提起に終わらず読者の方の英語におけるスキルアップ、またマインドセットの軌道修正にお役に立てれば幸いです。
第一回目のテーマは「リスニング」です。

 

海外の旅行ガイドには、「日本人は英語で話しかけても理解できないが書いてあげると伝わる」と書いてあるという、まことしやかな噂があります。

書けば伝わる? 聞き取りなら問題ないは本当?

また、こんな日本人が多いのも事実です。「話すのは苦手だが聞き取りならだいたい問題ない。」

平均的な日本人にとってどちらが真実でしょうか? 数多くの英語を学ぶ方を見てきた経験から言うと、平均的な教育を受けただけの日本人は英語の聞き取りは実用レベルで言うとほとんどできていない、というのが事実であると感じます。

話すのは苦手だが聞き取りは問題ない、と自己申告をする方は、一度、TOEICのリスニングのリスニングパートを解いてみるとわかります。大体わかるのであればほとんどできるはずです。

実際にはどうかと言うと、残念ながらそう自己申告する方は、リスニングもほとんどできていない場合が多いことも事実なのです。

では、読み書きができているのか、というとこれもまた、物議を醸す問題なのですが、「外国人旅行者からの質問程度の英語であれば、言われてもわからないけれど書いてもらえばわかる」ということは起こり得る話だと思います。

聞き取りに関して言うと、筆者自身も英語を聞き取る、という行為がどういうことなのか、その核心をつかむまでは随分苦労した経緯があります。

まずはどうして英語が聞き取れないのでしょうか?

次ページ英語が聞き取れない2つの理由
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT