日本人が陥りがちな「英語学習」6つの誤解

楽な道はないが楽しめる道はある!

(写真:KAORU / Imasia)

「効果のない英語学習をしている時間など現代人にはない」

春、新生活、新社会人。多くの人が新たな気持ちで迎えるこの季節、「新しいことにチャレンジしたい」と思い立った人は多いのではないでしょうか?

社会人の習い事では不動の1位を誇り、ビジネスパーソンのスキルアップのツールとしてもダントツなのが「英語」です。小学校の英語教育、企業でのグローバル化、2020年の東京五輪など、日本人を取り巻く英語の状況は刻々と変わってきています。

ただ、日々忙しい多くのビジネスパーソンにとって、「なんとなくやらなきゃいけない」と思いつつも、英語を学ぶとなると「具体的にどうしてよいのかわからない」という人も多いのではないでしょうか。

何が正しく、何が間違っているかわからないままにやっていては、時間も労力ももったいない。迷いながらやっても効果は薄い。しかし、実は英語力はツボを押さえて実行さえすれば、誰にでも身に付くのです。日本人がやってしまいがちな間違った学習法から、効果的に英語の力を上げるための正しい方法を学んでみましょう。効果のない学習法をしているほど現代人に時間はないはずです。

英語と日本語を対にして覚えてはいけない

間違いその1 「単語を丸暗記する」

「英語は単語だ」というフレーズをよく耳にします。そのせいか、受験勉強時代の名残りなのか、単語帳を買って表に英語、裏に日本語、というような覚え方をしている人を今でも電車の中で見かけます。断言できますが、これは英語力アップにほとんど効果がありません。

次ページ映画を外で見るときは「see」、家の中では「watch」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 中学受験のリアル
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。