あなたの資格・試験勉強は8割がムダ!

開成東大卒弁護士、百戦錬磨の筆者が教える勉強術

資格スクエアの鬼頭政人です。皆様からの資格・試験勉強に関するご相談をお待ちしております!(写真:梅谷秀司) 鬼頭さんへの勉強相談はこちら

はじめまして。社会人で勉強に関するお悩みを抱えておられる方に向けた連載「大人の勉強指導室」を担当させていただくことになりました、鬼頭政人(きとう まさと)と申します。

私は、開成、東大を卒業して弁護士となり、弁護士事務所、投資ファンドを経て、今は資格試験対策のオンラインビジネス「資格スクエア」を自ら起業しています。

さて、「開成東大卒の弁護士」と聞くと、みなさんはどんなイメージを持たれるでしょうか? 「典型的なエリートじゃん」「遊んでこなかったガリ勉だろ」などなど、いろいろあることと思います。容姿でいえば、メガネをかけていて、やせ型で、小さくて、髪は7:3分けで……と、そんなイメージかもしれません。

実際の私はというと、「意外とフツーだね」と言われることが多いです。「すげー頭切れる人だと思ったけど」意外とフツーなのか、「すげーガリ勉だと思ったけど」意外とフツーなのか、はたまた「すげー嫌なヤツだと思ったけど」意外とフツーなのか、よくわかりませんが、「意外とフツー」らしいです。

容姿は上の写真のとおりですが、裸眼で、大柄で、まぁまぁガッチリしています。分け目は基本6:4で、ずっと同じ分け目だとはげるかもしれないと思い、たまに7:3にします(笑)。

合言葉は「2割の努力で8割の成果」

勉強について言うと、私は中学生の頃から、「いかに効率よく勉強するか」ということに重点を置いて勉強してきました。そうなった最大のきっかけは、開成中学校への入学。めちゃくちゃハイスペックな同級生に囲まれ、「こいつらと普通に戦っても勝てない」と悟ったことです。

遊びも好きなので、なるべく短い時間の勉強で及第点を取るにはどうしたらいいか、という点をつねに意識していました。そうして編み出したのが「ヤマを張る」技術。この技術一本で定期テストはもとより、大学受験や司法試験もクリアすることができました。

この経験を生かし、今年7月に出版させていただいた拙著『頭のよさとは「ヤマを張る技術」のことである』では、「2割の努力で8割の成果」を合言葉に、過去の経験からいかに最短ルートで合格レベルにたどり着くか、ということをお伝えさせていただきました。

次ページ「ヤマ張り」は社会人の勉強の王道!
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。