パソナ流「おもてなし」接客講座がウケる理由

「日本流」が、ベトナムやインドネシアで大人気

人材大手パソナグループのキャプラン社がベトナムとインドネシアで「日本流のマナー」を地場の人材に紹介するセミナー事業が好評だ。なぜ今、「日本流のマナー」への需要が高まっているのか、その背景を探る。
日本流のマナーに挑戦する、セミナーの参加者たち。ベトナムにて

「おもてなし研修体験セミナー」とは?

人材大手パソナグループのキャプランは、6月から、ベトナムのホーチミンとハノイ、インドネシアのジャカルタで「おもてなし研修体験セミナー」を開催した。現地に拠点を置く日系企業で働く現地採用の従業員が対象で、日本流のビジネスマナーを座学・実践を通じて伝えることが目的。参加した企業はホーチミンでは20社35名、ハノイが17社34名、ジャカルタが14社25名。飲食店やホテル、ショッピングモールなど、対面で接客を行うサービス業に携わる企業からメーカーや商社等、多岐にわたった。

セミナーはキャプランが定める「ビジネスパーソンに求められるビジネスマナー」の基本5原則、「挨拶・表情・身だしなみ・言葉遣い・態度」に沿って行われた。航空会社のキャビンアテンダントとして30年以上ビジネスマナー等の経験を持つベテラン講師が担当。講義は日本語で行われ、パソナの従業員が参加者に現地語で通訳をする形で伝えられた。

次ページ具体的にどんな研修なのか?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT