日本のアパレルはアジアで大勝利できるか

「ユニクロ」「MUJI」に続くカギは、ネット戦略

 ファッションブランドの海外進出支援を行うアパレルウェブのシンガポール子会社AWCGが、今夏、日本のブランドを集積した通販サイトをオープンした。東南アジアで日本のファッションブランドは勝てるのか。親会社であるアパレルウェブと住友商事の仕掛人にシンガポールで話を聞いた――。
オープンした「JRunway(ジェイランウェイ)」のファッション通販サイト。日本のアパレルの東南アジア攻略のカギはネットにある

東南アジア最大級のファッション系サイト目指す

日本のファッションブランドを集積した通販サイトがシンガポールでオープン――。手掛けたのは、ファッションブランドの海外進出支援などを行うアパレルウェブの子会社AWCGと、同社に出資参画する住友商事だ。

両社は、すでにあるセレクトショップ「JRunway(ジェイランウェイ)」の衣料品通販サイト「Shop.JRunway(ショップドットジェイランウェイ)」を、7月にオープンした。

同サイトでは現在、ジェイランウェイで取り扱っている商品のみ販売を行っている。だが今秋には店舗で扱っていないブランドの商品も販売、日本から直接届ける「越境型」のサイトとして、本格的に始動する計画だ。

次ページ「グローバルアパレル」に次ぐ知名度
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悩める小売り2大巨頭<br>セブン、イオンの盲点

失態続きのセブン&アイ・HD。鈴木敏文元会長が推進したオムニチャネル事業関連など、「負の遺産」とも言うべき子会社の業績不振も深刻だ。イオンも赤字を垂れ流す問題児に頭を抱える。岐路に立つ両社のグループ経営の問題点にメスを入れる。