カシオがインドの売り上げを5倍にした理由

「G-SHOCK」だけじゃない!現地でヒット連発

 今回のコラムは、東南アジアからインドへ。インドといえばまずはスズキ。だが、カシオもなかなかのブランド力だ。有名俳優が頼んでもいないのに「G-SHOCK」を身につけて映画に出演したことが一つのきっかけで、同社がインドで快進撃を開始したのは、知る人ぞ知る話だ。実はG-SHOCKだけでなく、現地でヒット商品が連発、カシオのインドの売り上げはこの7年でなんと5倍強に。カシオインディアの中正男社長にも、快進撃の秘密を聞いた。
「インド式桁表示」に対応、カシオはついにインドの電卓市場を「制覇」(「CHECK CALCURATOR MJ-120D」)

「インド式桁表示」に対応、ついに電卓市場を「制覇」

カシオと言えば、G-SHOCKが一つの代名詞だが、インドでは電卓のことを語らずにはいられない。

同社は世界各国で電卓を販売しているが、「ゼロを発明した数字の大国」であるインドでは、長年苦戦してきた。それが大ヒットしたのは、2010年のことだ。

実はカシオは1980年代からインドで電卓の販売を開始。ソフトウェア産業勃興のためインドが技術系大学を増やしていた2000年代には、大学公認の授業用具として採用されるなどで知名度は高まり、売れる下地は作られていた。

しかし、いかんせん価格が競合メーカーの2倍近くすることもあって、販売が大きく伸びることはなかった。

だが、2010年に発売された「CHECK CALCURATOR MJ-120D」で、形勢が一気に変わった。同製品では従来製品と比べ、2つのテコ入れが行われた。

次ページどんなテコ入れをしたのか?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「日本の外交」超入門
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。