カシオがインドの売り上げを5倍にした理由 「G-SHOCK」だけじゃない!現地でヒット連発

✎ 1〜 ✎ 24 ✎ 25 ✎ 26 ✎ 最新
拡大
縮小

1つはインド式「桁表示」への対応だ。グローバルスタンダードでは3桁区切りでカンマが打たれるが、インドでは最初だけ3桁区切りで、それ以降は2桁区切りとなる。

インドでは最初だけ3桁区切りで、それ以降は2桁区切り。カシオはしっかり現地のニーズに対応した

競合メーカーが前者の表示法を採用するのと対照的に、カシオはインド人が見慣れている後者を採用。数字の読みやすさを向上させた。一見当たり前の話しだが、カシオはしっかり現地のニーズに対応した。

もう1つは「検算機能」だ。計算結果が出た後、それを巻き戻すもので、競合製品では多くても99ステップ前までが限界だった。

カシオは、それを150ステップにまで拡張。これが当たった。レジが日本ほど普及していないインドの小売店で、売上計算などに役立つと好評。電卓のラインナップは2013年度、5年前の約2倍となる120万台を販売。今年度は一気に200万台超えを目指している。

電子楽器は、営業マン自らが演奏して売り歩く

電卓だけではない。「アジアならでは」の売れ方がヒットのきっかけになったのが「電子楽器」だ。

もともとカシオは1990年代、日本をのぞくアジア・中近東、シンガポールやドバイでは「ミニミニ鍵盤」という電子キーボードを販売していた。西洋音階のためインド音階とは異なるが、メジャーなインドの鍵盤楽器のひとつであるハルモニウムと同形状であるため、旅行や出稼ぎでシンガポールを訪れたインド人の親たちが母国に持ち帰って、子どもに遊ばせるようになり広がっていった。

インドの鍵盤文化に目をつけた競合メーカーも、ハイエンドモデルを販売するようになっていったため、カシオも上級モデルの新商品開発に着手。そして生まれたのが「CTK-810IN(61鍵)」。その後、さらにユーザーの要望を取り入れ、音質・機能を向上させて発売したのが、最上位機種「CTK-7300IN」である。

電子楽器の最上位機種「CTK-7300IN」。西洋音階を奏でたミニミニ鍵盤の逆を行き、インドの音階を奏でるよう、現地化

これらは西洋音階を奏でたミニミニ鍵盤の逆を行くように、あえてインドならではの音階を奏でるよう、現地化されたものだ。

インドの音階は「ドレミ」ではない。“ラーガ”というインド音階に沿った「サレガマパダニサ」だ。より自国らしい楽曲を演奏できる新製品のアンバサダーに、アカデミー賞で作曲賞を受賞した映画「スラムドッグ$ミリオネア」で音楽を担当したA.R.ラフマンサン氏を2014年9月から起用。セレブリティーの影響力が大きいインドで、今後のさらなる躍進を期待している。

楽器の販売は音を聞いてもらわなくては始まらない。カシオの営業マンたちは楽器屋や商業施設のイベントスペースに楽器を持ち込んでは、バイヤーや客を相手に、自ら楽曲を演奏してみせ、音色の美しさを売り込む。

次ページ競合メーカーの10倍の価格でも売れる!
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT