東急ハンズ、アジアで大ブレイクの予兆

「コップのフチ子」が大ヒット、支持される日本流

 東急ハンズがシンガポールで大人気だ。同社はこの秋シンガポールに初上陸、9月、11月と一気に2店をオープン(売り場面積はいずれも約700平方メートルほど)。
 1号店を構えるジュロンイーストは、副都心として開発真っ只中の郊外にある新しい街。2号店はショッピングの中心街オーチャードに。異なる客層をどうやってつかまえるか。1号店でつかんだ手応えと今後の戦略について、海外事業部の辻武徳マネージャーに話を聞いた。
11月20日にオープンしたシンガポール2号店・オーチャード店

「コップのフチ子」に人だかり、早くもヒットの予感

11月20日、東急ハンズがシンガポールのショッピングの中心地、オーチャードに2号店をオープンした。

9月の1号店「ジュロンイースト店」も好調だが、その1号店で反響が大きく、2号店「オーチャード店」で拡張したのが、「JAPAN DIFFERENCE」コーナーだ。これは、日本らしさが特に際立つ商品を集めた売り場で、ここに置かれている商品の7割は、シンガポール初上陸のものだ。

特に売れたのが首都高速にかかったバナーを使って作られたバッグ。漢字が散りばめられたデザインは、やはり漢字文化圏のアジアの人々には根強い人気を誇る。

次ページパーティグッズや雑貨などが大人気
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 若者のための経済学
  • 今日も香港から
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。