東急ハンズ、アジアで大ブレイクの予兆

「コップのフチ子」が大ヒット、支持される日本流

 東急ハンズがシンガポールで大人気だ。同社はこの秋シンガポールに初上陸、9月、11月と一気に2店をオープン(売り場面積はいずれも約700平方メートルほど)。
 1号店を構えるジュロンイーストは、副都心として開発真っ只中の郊外にある新しい街。2号店はショッピングの中心街オーチャードに。異なる客層をどうやってつかまえるか。1号店でつかんだ手応えと今後の戦略について、海外事業部の辻武徳マネージャーに話を聞いた。
11月20日にオープンしたシンガポール2号店・オーチャード店

「コップのフチ子」に人だかり、早くもヒットの予感

11月20日、東急ハンズがシンガポールのショッピングの中心地、オーチャードに2号店をオープンした。

9月の1号店「ジュロンイースト店」も好調だが、その1号店で反響が大きく、2号店「オーチャード店」で拡張したのが、「JAPAN DIFFERENCE」コーナーだ。これは、日本らしさが特に際立つ商品を集めた売り場で、ここに置かれている商品の7割は、シンガポール初上陸のものだ。

特に売れたのが首都高速にかかったバナーを使って作られたバッグ。漢字が散りばめられたデザインは、やはり漢字文化圏のアジアの人々には根強い人気を誇る。

次ページパーティグッズや雑貨などが大人気
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT