カゴメ、東南アジアで大人気の理由

「トマトが大嫌いな国」でも、トマトジュースが売れる

東南アジアではトマトは「臭い」とまで言われ、嫌いな人も多い。だが、カゴメのトマトジュースや、野菜ジュースは売れている。なぜ売れているのか。

毎度、突然で恐縮だが、読者の皆さんは、こんな話を聞いたことがあるだろうか。

「靴を履かない裸足の国に、二人の靴屋がたどりついた。一人はこう言った。『誰も靴を履いていないとは、見込みなしの最悪の市場だ!!』。もう一人が言ったのは全く逆だった。『誰も靴を履いていないなんて、売り放題の最高の市場だ!!』

要は「物事は捉え方次第」なのだ。今回は、カゴメの東南アジア法人の山本一成社長との対談を踏まえて、「トマトを食べない国で、トマトを売った、カゴメの決断」を取り上げたい。「トマトが嫌いな国でも、トマトを売る秘訣」とは何なのか。

「臭い」と言われ、苦戦続きだったカゴメの海外販売

カゴメといえば、まず浮かぶのが「トマトジュース」。さすがに、名古屋に本社があるということは知らない人もいるかもしれない。だが、トマトジュースに限らず、「野菜生活」などのヒット商品を生み出してきた優良企業として、日本人なら誰もが知っているはずだ。

しかし、そのカゴメも、海外では最近までは、苦戦の連続だった。海外では「KAGOME」という名前はまったく知られていない。しかも、カゴメの最大の強みである「トマト」が、当初は消費者に通用しなかったのだ。

カゴメの東南アジア事業はまさに、そんなどん底からのスタートだった。開始早々、困難にぶち当たった。同社が現地で市場調査をしてみると、「トマト」のイメージが非常に悪い。「美味しくない」どころか、「臭い」とまで言われることが多かったのだ。

次ページどうやって、トマトの価値を伝えたのか
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT