なぜ香川真司はドルトムントで復活したのか

異動や転職で「戻っても必要な人」になるための条件

古巣である独・ドルトムントで見事に復帰戦を飾った、香川真司選手。出戻りもこれからは珍しくなくなるかもしれない(picture alliance/アフロ)

秋の人事異動の季節だ。いつも突然で恐縮だが、もしあなたが今の職場を離れ、2年後に戻ったとしたら、周囲は拍手喝采で迎えてくれるだろうか。そして、より厳しくなるかもしれない条件で、あなたは、誰よりも成果を出すことができるだろうか。

実は、つい最近、プロサッカーでそれに近い状況があった。2年ぶり(3シーズンぶり)に英国のマンチェスター・ユナイテッドU(マンU)から、ドイツのドルトムントに復帰した香川真司選手だ。8万人超のファンとチームメートが復帰を祝う中、復帰戦でいきなり「マン・オブザ・マッチ」に選ばれるという大きな成果を出したのだ。

香川選手をビジネスシーンでの職場復帰に置き換えれば、その難しさはよくわかる。このところ筆者は、アジアを中心に企業の戦略転換の決断を論じてきたが、今回は、人事異動のシーズンでもあり、時間を経ても周囲から信頼され、成果を出せる、「出戻り」の秘訣を考えていこう。「真司で人事」ではないが、サッカーに興味のない人も、プロフェッショナルの組織で活躍するための材料として、お読みいただければ幸いだ。

どでかいキャリア形成に挑むリスクとは

香川が、ドイツのドルトムントでの活躍を経てイングランドプレミアリーグのマンUに移ったのは、2年前の2012年夏。ドルトムントではドイツリーグ2連覇の立役者だった彼の移籍は、ビジネスに例えれば、今の職場で過去前例がないほどに活躍していたにもかかわらず、全くの新天地に自ら望んで異動したようなものだった。

プロスポーツ選手として活躍できる期間が30代までとすればビジネスパーソンよりも圧倒的に短い。新しい環境で活躍できる保証は全くないが、それだけ短い職業人生においての、思い切ったチャレンジだった。

次ページなぜ香川は、いきなり古巣で活躍できたのか?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT