なぜ香川真司はドルトムントで復活したのか

異動や転職で「戻っても必要な人」になるための条件

古巣である独・ドルトムントで見事に復帰戦を飾った、香川真司選手。出戻りもこれからは珍しくなくなるかもしれない(picture alliance/アフロ)

秋の人事異動の季節だ。いつも突然で恐縮だが、もしあなたが今の職場を離れ、2年後に戻ったとしたら、周囲は拍手喝采で迎えてくれるだろうか。そして、より厳しくなるかもしれない条件で、あなたは、誰よりも成果を出すことができるだろうか。

実は、つい最近、プロサッカーでそれに近い状況があった。2年ぶり(3シーズンぶり)に英国のマンチェスター・ユナイテッドU(マンU)から、ドイツのドルトムントに復帰した香川真司選手だ。8万人超のファンとチームメートが復帰を祝う中、復帰戦でいきなり「マン・オブザ・マッチ」に選ばれるという大きな成果を出したのだ。

香川選手をビジネスシーンでの職場復帰に置き換えれば、その難しさはよくわかる。このところ筆者は、アジアを中心に企業の戦略転換の決断を論じてきたが、今回は、人事異動のシーズンでもあり、時間を経ても周囲から信頼され、成果を出せる、「出戻り」の秘訣を考えていこう。「真司で人事」ではないが、サッカーに興味のない人も、プロフェッショナルの組織で活躍するための材料として、お読みいただければ幸いだ。

どでかいキャリア形成に挑むリスクとは

香川が、ドイツのドルトムントでの活躍を経てイングランドプレミアリーグのマンUに移ったのは、2年前の2012年夏。ドルトムントではドイツリーグ2連覇の立役者だった彼の移籍は、ビジネスに例えれば、今の職場で過去前例がないほどに活躍していたにもかかわらず、全くの新天地に自ら望んで異動したようなものだった。

プロスポーツ選手として活躍できる期間が30代までとすればビジネスパーソンよりも圧倒的に短い。新しい環境で活躍できる保証は全くないが、それだけ短い職業人生においての、思い切ったチャレンジだった。

次ページなぜ香川は、いきなり古巣で活躍できたのか?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT