成績が残念な子が直すべき「3つの生活習慣」

意外なところに「伸びない」理由が!

(写真:monika / Imasia)
小学校低学年から高学年、そして中学生へ……。周囲に私学を受験する子も増える中で、わが子の成績や先々の進路がまったく気にならない親はいないだろう。どうすれば少しでもいい点が取れ、より上位の学校に進学できるのか。そもそも子どもにやる気を起こさせるには?
 約25年にわたり学習塾を運営し、3000人以上の子どもを指導、成績向上に導いてきた石田勝紀氏は「心・体・頭のしつけ」をすることが重要と語ります。この連載では石田先生の元に寄せられた親たちのお悩みに答えつつ、ぐんぐん伸びる子への育て方について考えていきます。

【ご相談】

はじめてお便りします。小6(男子)と中2(男子)の子どもがいる母親です。2人とも男の子だからなのか、とてもだらしなくて困っています。朝も起こさなければ起きませんし、学校にも遅れがちで、面談のときには先生から遅刻についてよく話をされます。夜はゲームをしている時間が長く、夜更かしすることもたまにあります。注意をしても言うことを聞かず、途方にくれることもあります。何か良い知恵はないものでしょうか。(仮名:杉山さん)

【石田先生の回答】

子どもが中学生ともなると、なかなか親の言うことを聞かなくなるのはよくあることです。成長期において親の言うことを聞かないという現象は極めて自然のことですが、それにしても、あまりに生活習慣が乱れるというのも困りものです。

生活習慣を正すということに関しては、家庭でしっかりとしつける必要があるのですが、その方法の前に、生活習慣が実は学力向上と関係しているということを知っておいたほうがいいかもしれません。

学力を高めるには、一生懸命勉強すればよい、と思われているかもしれません。それも間違ってはいませんが、勉強すれば学力が上がる場合もあれば、上がらない場合もあります。上がらない場合、かなりの確率で“子どもの生活習慣”に原因があるのです。

私は20歳で塾を開設して以来、これまで多くの子どもたちと接してきました。成績の良い子ばかりを受け入れる塾ではありませんので、さまざまな成績を持つ生徒がやってきます。

よくみてみると成績の悪い子には共通して3つ、生活習慣に問題があることがわかりました(ただし、成績の良い子がこれらの生活習慣が全てできるわけではありません。逆は真なりではありませんが)。しかも、その3つの生活習慣を整えると学力が上がることもわかったのです。

次ページ「心の怠惰」はないか?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT