「人望がない人」は、大体"話しすぎ"ている

職場で、どうすれば人はついてくる?

吉田照幸氏
職場でリーダー的立場になっても、なかなか後輩がついてこないと悩む人は少なくないものです。どうすれば、チームをうまく率いる人になれるのか。カルト的人気となったテレビ番組「サラリーマンNEO」や、最近では志村けんさん出演の「となりのシムラ」といった人気番組の監督を務める吉田照幸氏は、それにはちょっとしたコツがあるといいます。
 2月に『「おもしろい人」の会話の公式』(SBクリエイティブ)という本も出した吉田氏が、人望がないと歎く人が陥りがちな落とし穴について語ります。
※前回記事「職場で愛される人」は会話にコツがある!」はこちら

いくら能力があっても、ひとりの人間には限界があります。よほどのカリスマ性がないかぎり(僕にはない)、人は無条件にはついてきません。僕がやっている監督という仕事は、人の力をどれだけ引き出すかにかかっています。では、どうやってその能力を引き出すのか? そのコツのひとつは、「ウケる」です。

むやみに怒鳴りまくっていた、過去の僕

僕は「サラリーマンNEO」という番組の監督を務め、おかげさまでそこそこ人気番組になったのですが、その番組を始めた32歳の僕は、強烈なプレッシャーに駆られていました

同期は局の顔的な番組であるNHKスペシャルなどを担当しているし、片や「サラリーマンNEO」は「これがNHKの番組?」と非難されること必至の番組です。だから、とにかく自分がリーダーシップをもって、現場を引っ張りまくることが必要だと、会議では自分の意見を押し通し、現場ではカメラマンを怒鳴りまくっていました

殺伐とした雰囲気ですから、隣で照明マンは、僕のカット割りを見て「こんなのカット割りじゃねえ」と投げ捨てたり、コントの収録中に「吉田、これのどこがおもしれえんだよ!」と怒鳴ったりという現場でした(誤解のないように書いておくと、この照明マンには、ドラマの基礎をたたき込んでもらって感謝しています)。

完成品はおもしろく、番組はカルト的な人気を得ました。実際、現場の楽しさがイコール作品のおもしろさにはなるとはかぎりません。とはいえ、やっぱり現場は楽しいほうがいいにきまっていますし、そもそも殺伐としていては、番組自体、長続きしません。

次ページ思いがけない異動で僕は……
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 若者のための経済学
  • 今日も香港から
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。