出世欲が消えた!人生を変えた「40歳婚」

自分時間ゼロになっても、もはや悔いなし

(イラスト:堀江篤史)

「インタビューは僕でよければお受けします。現状の生活サイクルでは『平日の12~13時の間』という制約がありますが……(汗)。この条件でよければ受けさせていただきます。そんなに面白いネタはないかもしれませんが。ご検討いただければ幸いです」

テレビ局の管理部門で勤務する鈴木恭一さん(仮名、47歳)から取材OKの返信が来た。プライベートの時間を確保できるのはランチタイムだけらしい。理由は仕事の忙しさではない。終業時間を迎えたら脇目も振らずに帰宅して、専業主婦をしている妻に代わって3歳と1歳の娘たちをお風呂に入れるからだ。

晩婚さんにして新婚4年目の鈴木さんは、父性愛に目覚めたのだろうか。勤務先近くのカフェで待ち合わせをした。まずは長い独身時代について聞きたい。

実父の死で思い知った「僕はひとり」

「30代半ばを過ぎると同世代はだいたい結婚して子育てを始めるので、独身だと特に週末はひとりで暇ですね。だから、昼からビールを飲んじゃいます。飲み干した缶を積み上げてトーテムポールを作るのが趣味だったのですが、5、6本重ねると倒れちゃう。その頃には僕も酔っ払って倒れちゃう。タハハハ……」

すぐに崩壊する空き缶トーテムポール制作を趣味と呼べるのかは微妙だが、独り暮らしの様子と自虐笑いの才能は伝わってくるエピソードである。そんな恭一さんが初めて寂しさを覚えたのは10年前、地方の実家に住んでいた父親が他界したときのことだ。

「母はずっと寝たきりで姉たちが引き取って世話をしています。葬式では親戚も集まったのですが、式が終わるとそれぞれの家庭に帰っていく。親父がいなくなった実家に僕がひとりで泊まり、『俺にはもう帰る場所がないんだな』と痛感しました」

姉たちからは「お母さんの面倒は見るけれど、お前の面倒は見んからな!」と宣言された。恭一さんは恋愛や結婚に関心がなかったわけではない。大学時代からの男友達と10年以上にわたって合コンを繰り返していた。

次ページ思いがけず訪れた”ロマンス”
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 今見るべきネット配信番組
  • 近所で有名な「気になる夫」の生態
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT