「職場で愛される人」は会話にコツがある!

こうすれば、仕事はもっとうまくいく

「サラリーマンNEO」「となりのシムラ」監督の吉田照幸氏
 仕事ができる人は、職場で、仲間内で愛されていることが多いもの。どうすれば、彼らのように人間関係を円滑にすることができるのか? カルト的人気となったテレビ番組「サラリーマンNEO」や、最近では志村けんさん出演の「となりのシムラ」といった人気番組の監督を務める吉田照幸氏は、それにはちょっとした会話のコツがあるといいます。
具体的にはどうすればいいのか。仕事をスムーズに進めるコミュニケーションについて、2回にわたり吉田氏が語ります。

今の時代、まじめにコツコツやる人が必ずしも評価されるとはかぎりません。単純作業はコンピュータがやってくれる今、どんな仕事にもクリエーティビティが求められています。そしてその能力が高い人のことは、「おもしろい人」と呼ばれます。

この「おもしろい人」には、笑わせる、楽しませるといった要素以外にも、仕事ができる、ユニークな視点を持っている、個性的な生き方をしているなど、多くのいいイメージを内包しています。みんながおもしろい人になりたい、そう思われたいと感じる時代だと思います。

ではどうやったらおもしろい人になれるのか。その第一歩はコミュニケーションから始まります。私は、能力もセンスもないから……なんて言わないでください。コミュニケーションの仕方を変えれば、眠っている才能が花開くかもしれません。

僕は「サラリーマンNEO」や「あまちゃん」、最近では志村けんさんの新番組「となりのシムラ」といった番組に監督として関わってきました。その僕が、2月に『「おもしろい人」の会話の公式』(SBクリエイティブ)という本を出しました。なぜテレビの監督がコミュニケーションについて書くの?と疑問を持たれる方も多いことでしょう。僕はこれまで、ずっと笑いを中心にした番組を作ってきました。ずっと「おもしろい」ことを追求してきました。

監督というとなんだか偉い人のようですが、実は何か技術を持っているわけではなくて、言ってしまえば、ただしゃべっているだけの人なのです。

自分がおもしろいと思っていることを、役者、カメラ、衣装やメイク、編集マン、など多くのスタッフに言葉で伝えるわけです。そういった現場の経験が、今は、組織でも(ぼくも普通の会社員ですので)プライベートでも役立っています。

そうした経験から、話がおもしろくなり、仕事もうまくいくコツについて、僕が考えたことをお伝えしたいと思います。

上司の「もう、しんどい…」の愚痴にどう返すか

「おもしろい人」は、愛される人です。嫌いな人をおもしろいと思う人はいません。だから嫌われないように振る舞う人は多いでしょう。でも、自分が気を遣ったほど、相手は自分の気遣いを評価してはくれませんよね。

おもしろいとは、人とは違うことをしながら、人に理解されなければなりません。そのためには、自分の立場やエゴを守るのではなく、相手の立場で考えることが重要です。

次ページ上司にツッコみ、部下にはボケろ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT