同僚につけ入られるのは、あなたが甘いから!

なぜ自分ばかりが、人の尻ぬぐい役に?

 結婚・出産で大きく変化する女子の人生は、右にも左にも選択肢だらけ。20代はもちろん、30代になっても迷いは増すばかり。いったいどの道を選べば幸せに近づけるのか? 元リクルート“最強の母”堂薗稚子さんがお答えします。
※お悩み相談はこちらのアドレス(onna-sodan@toyokeizai.co.jp)まで
(写真:naka / Imasia)

今回は、同僚男性から「頼られてばっかり」と歎く女性の方より、お悩み相談をいただきました。

【ご相談】
 はじめまして。アパレルメーカーに中途入社した者で、営業職をしております。
 私が属しているチームは、以前は女性の数が圧倒的に多かったのですが、今は男性と女性が半々になりました。悩みは、男性の同僚に対しての心の持ち方についてです。
 決めつけはよくないとは思うのですが、男ってひとつのことに真っしぐらになるとほかのことが目に入らず、仕事の抜け落ちがよくあると思います。一度、注意したことを何度も繰り返すところに対しても呆れてしまうし、女だからナメられているのかとも思ってしまいます。
 私は今のチーム内で女性の中では在籍歴がいちばん長く、オカン的な存在で周りのフォローやミスのカバーをすることがよくあります。逐一感謝してくれとは思いませんが、もうちょっと学習能力を身に付けて、再発防止に取り組んでほしいとは思います。上司(男性)にも相談しましたが、「注意しとくから放っておけ。あまり気にするな」のみでした。
 私も彼らも同じ仕事内容なのに、何で同じミスを繰り返すのか理解に苦しむし、ケロっと忘れて、また後先考えずに鉄砲玉のように飛び出していくのが、本当にイライラします。
 仕事は好きですが、人間関係に疲れてきたので社内異動したほうがいいのかなと最近は思えてきました。が、念願かなって今の仕事に就けたのに、自分が離れるのは腑に落ちないという意地もあります。
 ものすごく小さい悩みで申し訳ありませんが、この先も長く仕事に取り組んでいくために、どうか心の持ち方についてアドバイスをいただけますとありがたいです。よろしくお願いいたします。

オカンに守られて、同僚はぬくぬくと過ごしている

ご相談、失礼ながらニヤニヤしながら読んでしまいましたよ~。

同じようなミスを繰り返し、あなたにフォローしてもらいながら、ケロッとしてまた飛び出していく男性同僚たちは、きっと、あなたがイライラしているなんて思いもしていないでしょうねぇ。それがまたあなたをイライラさせる! 想像できるシチュエーションで、思わずにやりです(笑)。

でもあなたの言うように、心の持ち方ひとつで、このかわいいご相談はクリアできそうな気がしますよ。

あなたの職場の男性同僚はみんな、サザエさんちの「カツオ」です。ある程度、わきまえたイタズラを際限なくやらかし、夏休みの宿題だって毎年前日までため込む。いつも誰かしらにしかられているのにまったくこりない、あの「カツオ」。

次ページ利用されている面もあるかも
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT