同僚につけ入られるのは、あなたが甘いから!

なぜ自分ばかりが、人の尻ぬぐい役に?

そして、次の朝は普通に出社してみました。その足で上司のデスクに行き、謝罪したところ、上司も謝罪してくれたのです。「お前が感じていた怖さがわかった」って。

今思えば子どもじみていたなと恥ずかしいのですが、あれがあのときの私の精いっぱいの自己主張だったのです。それからは、上司も私が持つ情報を共有しようとしてくれるようになり、私は随分と気持ちが楽になったのを覚えています。

損な役回り? あなたは出世が近いのかも

この方法は、オカンで言うと、「プチ家出」です。いつも甘えていれば、なんとかしてくれるオカンが、ある日ぷいっといなくなる。今までなんとかなったことが、なんともならなくなるのです。オカンの存在の大きさや感謝もせずに甘えていたことを、さすがのカツオも思い知ることでしょう。

堂薗稚子さんの著書『 「元・リクルート最強の母」の仕事も家庭も100%の働き方』(角川書店)も発売中です

イライラしていても、あなたへの甘えの構造は変化しません。そして「オカンに徹する」ほどあなたの腹も据わっていない。だとしたら、カツオくんたちがしでかしたミスを、1、2度スルーして本人たちに責任を取らせる、あるいは、私のようにふいに1週間くらい有休を取ってドタバタさせてやったらどうでしょう?

上司には事前に申請しておけば問題ないはずですし、スルーするミスだって致命的ではないものを選べば大丈夫のはず。少し懲らしめてあげて、「いつまでも、オカンがフォローすると思ったら大間違いよ。あなたと私は同じ仕事してるんですからね」と、涼しく捨てゼリフを吐いてやりましょう。

きっと、多少スッキリして、また次の日からオカンの仕事もでき、かつ、カツオくんたちも「オカンは限度を超えると怖い」と少しはビビり始めることでしょう。せめて、「いつもありがとう」「助かってる!」くらいは言うようになるかもしれませんよ。

ところで、蛇足かもしれないけれど、オカン的ポジションは、「損な役回り」なのでしょうか。あなたを取り巻く環境を、ちょっと「幽体離脱」して、客観的に眺めてみたらどうでしょう? あなたのオカン的仕事ぶりが、優れていればいるほど、あなたの存在感は大きくなり、きっと評価もされているはずです。同じ仕事をしているメンバーの中で、いち早く「上司的な役割」を体験しているともいえます。

実際に上司として抜擢される日も近いのかも。どんなオカンを演じ、どんなスキルを習得するかはあなた次第です。少し、カツオたちを懲らしめたら、気持ちを切り替えて、「スーパーオカン」「ゴッドマザー」になるべく、精進してみたらどうでしょう? きっと、あなたの成長チャンスになるのではないかと私は思いますよ。

※お悩み相談はこちらのアドレス(onna-sodan@toyokeizai.co.jp)まで

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT