上司をコロコロ転がす、正しい太鼓の持ち方

35の「ゴマすりフレーズ」をマスターしよう

飲みの席、正しく太鼓持ちできていますか?(写真:Paha_L / Imasia)

職業柄、企業内で「エース」、「次期社長候補」と言われながら、外部環境の思わぬ変化などで社長の椅子を逃してきた人を多く見てきた。能力があっても出世は運に大きく左右される。社長にのぼりつめるにはなおさらだ。もちろん、「ひたすら頑張って仕事して社長を目指す」という選択肢もあるのかもしれないが、おふざけ気味のタイトルや表紙と対照的に著者の指摘は冷静だ。

自分がどれほどの人物なのかは、これまでの人生をちょっと振り返ればわかるはずです。目をそらしてはいけません。(中略)8~9割の人の出世は、すぐに頭打ちします。」

正しく太鼓持ちできていますか?

上の画像をクリックするとHONZのサイトへジャンプします

とはいえ、若ければすこしでも昇進したいと願うのが企業人の心。本書は若手社員がビジネス書を必死に読み込んでも意外にもそこには書いていないビジネスパーソンの心得を紹介する。誰からも愛される太鼓持ちになる生き方である。

周囲を見渡せばいるはずである。上司にへつらい気に入られ出世につなげている「太鼓持ち」が。彼らは同僚や後輩に「ポチ」、「上司の靴でも舐めるんじゃねーか」と陰で蔑まれがちであるが、著者は反論する。

「太鼓の持ち方」に問題があるからです。正しく太鼓を持てば、そして叩けば、そんなことになりません。

上司を褒めて、頼って、気に入られ、転がすための実践的な35フレーズを細かな状況ごとに紹介している。この35フレーズには自明だが、合理的な根拠は一切ない。

次ページ上手な太鼓の鳴らし方とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。