男性にとってやっかいな、「同期」という存在

絡みづらい目の敵か、高め合うライバルか

 女と男はなぜすれ違うのか? なぜ話が合わないのか? あの人はいったい何を考えているのか? どうしてあんなことを言ったのか? この連載では、今、職場で起きているリアルな「女と男の探り合い」を、社会心理や生声エピソードなど、さまざまな視点からひもといていきます。
同期の存在、どう感じますか?(写真:アフロ)

張り合わずにはいられない相手

先日、大学の後輩(A君とB君)と一緒に話していたときのこと。ふたりはそれぞれ頭がよく、コミュニケーション能力も高いナイスガイ。先輩である僕への気遣いも手慣れたもので、楽しく話すことのできる人たちです。

ところが、彼ら同士で話し始めると、なぜかとたんにギスギスとした空気が漂い始めます。

言葉遣いも乱暴になり、相手をからかうような、くさすような発言が目立つように。トークも空回りぎみで、聞いている周囲の人間もソワソワと戸惑いを隠せません。

かといって仲が悪いかというとそうでもなく、別の機会に互いの評価を聞いてみると「あいつはすごいやつですよ」と賞賛するので、ますます首をかしげることに。

このように、同期入社(入学)、あるいは同年齢の相手というのは、男性にとってとても特殊な存在となります。

力関係がわからないと、一言も話せない

縦社会を重んじる男たちは、先輩や上司、後輩や部下への対応は、実に見事なものです。上に対しては敬語と礼節を崩さず、下に対してはフランクさと父性で接する。これは長年の間にすり込まれたもので、実に自然。

ところが同期は「上下」が定まっていない相手なので、とてもやっかいなわけです。

次ページ「上か下か」をはっきりさせたい男
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT