雑談できない男は、出世できない

偉くなるほど求められる最終スキル

 女と男はなぜすれ違うのか? なぜ話が合わないのか? あの人はいったい何を考えているのか? どうしてあんなことを言ったのか? この連載では、今、職場で起きているリアルな「女と男の探り合い」を、社会心理や生声エピソードなど、さまざまな視点からひもといていきます。
雑談は得意ですか?

雑談のできない男たち

先日、女性の友人たちと話していて「男同士って、いったい何を話しているの?」という話題になりました。

一般に、男は論理的な話を好み、何かといっては「オチは?」「で、結論は?」と先を急ぎがち。ゴールが見えない状態で会話が進むのが、落ち着かなくて気持ち悪い。

女性からすれば、会話に結論なんて必要ない、むしろ邪魔。いろいろな話題をあれこれとおしゃべりし、「わかる、わかる」と(表面上でも)共感し合うのが楽しい。当然、話は順序どおりに進まないし、話題はポンポン変わるけれど、そこでイライラしたりはしません。

昨今、注目されているビジネススキルとしての「雑談力」なんて、彼女たちにしてみればちゃんちゃらおかしい話。

中高生の頃はドーナツ屋さんで3時間、大人になればワインバーで5時間、あっという間におしゃべりで時間が経ってしまう雑談のエキスパートたち。無理に「実りある会話」をする必要なんてないわけです。

次ページ男同士で何を話しているか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 就職四季報プラスワン
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
北朝鮮が「新戦略兵器」?<br>強硬姿勢アピールの舞台裏

昨年末「新たな戦略兵器」との発言が報じられた金正恩委員長。強硬路線を取るとみられたものの、報告内容をよく読むと「自力更生」と経済の重視に力点があります。北朝鮮、米国、韓国、日本それぞれの立ち位置を考察します。