雑談できない男は、出世できない

偉くなるほど求められる最終スキル

 女と男はなぜすれ違うのか? なぜ話が合わないのか? あの人はいったい何を考えているのか? どうしてあんなことを言ったのか? この連載では、今、職場で起きているリアルな「女と男の探り合い」を、社会心理や生声エピソードなど、さまざまな視点からひもといていきます。
雑談は得意ですか?

雑談のできない男たち

先日、女性の友人たちと話していて「男同士って、いったい何を話しているの?」という話題になりました。

一般に、男は論理的な話を好み、何かといっては「オチは?」「で、結論は?」と先を急ぎがち。ゴールが見えない状態で会話が進むのが、落ち着かなくて気持ち悪い。

女性からすれば、会話に結論なんて必要ない、むしろ邪魔。いろいろな話題をあれこれとおしゃべりし、「わかる、わかる」と(表面上でも)共感し合うのが楽しい。当然、話は順序どおりに進まないし、話題はポンポン変わるけれど、そこでイライラしたりはしません。

昨今、注目されているビジネススキルとしての「雑談力」なんて、彼女たちにしてみればちゃんちゃらおかしい話。

中高生の頃はドーナツ屋さんで3時間、大人になればワインバーで5時間、あっという間におしゃべりで時間が経ってしまう雑談のエキスパートたち。無理に「実りある会話」をする必要なんてないわけです。

次ページ男同士で何を話しているか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT