雑談できない男は、出世できない

偉くなるほど求められる最終スキル

「最近いいドライバーを買った」「それはどこのだ?」「◎◎製だ」「どのようにいいのか?」「芯を食ったときの飛びが違う」「なるほど、では自分も検討してみる」……。

極端かもしれませんが、これこそが男たちの「雑談」の実際です。

男の会話は自慢話

もうひとつ、男同士の会話で重要なのが「自慢話」。

男たちは実績を張り合い、いかに自分が優れているかをアピールしたがるので、情報交換の流れでいつの間にか自慢話にすり替わっているというのはよく見る光景です。

「最近、仕事で◎◎へ行った」「オレも行ったことがある」「ビジネスクラスに乗った。いいものだった」「オレはあえてエコノミーにしている。自分の会社なので経費を使えない」「うちの会社は、まだ大らかだ」といった具合。

・自分の気持ちを話さないし、相手の気持ちを受け止めない。

・結論やオチばかりを求めてディテールに関心を示さない。

・自分にとって有益な情報が含まれていないと退屈してしまう。

・会話に意味を求めてしまい、おしゃべりを楽しめない。

・口下手で「何か話せ」と言われると自分のことを話してしまう(無意識のうちに自慢しながら)。

これらが男性の会話の特徴です。

だからこそ、相手を不快にさせず盛り上げるパーティトークや、誰でもわかる程度の教養に富んだ会話としての「雑談力」が注目されているわけ。

ビジネスマンは年を重ねて偉くなればなるほど、その仕事内容は「社交」「顔つなぎ」といったものに。そのときこそ「情報交換」と「自慢話」以外の「雑談」が必要になります。今から準備しておきたいものです(はい、これが結論です)。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT