「説教ジジィ」と「お節介ババァ」の仕組み

思いどおりにしないと気が済まない人たち

 女と男はなぜすれ違うのか? なぜ話が合わないのか? あの人はいったい何を考えているのか? どうしてあんなことを言ったのか? この連載では、今、職場で起きているリアルな「女と男の探り合い」を、社会心理や生声エピソードなど、さまざまな視点からひもといていきます。

影響力の範囲をどこまでも伸ばしたい

説教オヤジはどこにでもいますよね……

以前、当コラムの「世界で勝負したい男、世間に羨望されたい女」でも解説したとおり、男が認められたい対象・範囲は、身近な人間関係を超えて遠く世界にまで及びます。同様に、自分の思うとおりに支配したい、影響力を発揮したい対象・範囲も極めて広いのが男の特徴です。

その最も特徴的な例が「説教」。

たとえば、目の前の男性(初対面)が、夢をかなえるために会社を辞めたと言えば、「フリーランスでやっていくのは大変だよ」とくぎを刺す。

たとえば、友人が産休明けで職場に復帰したことを知れば、「時期が早いんじゃないか。子どものことをどう思ってるんだ」とおしかりのメールを送る。

頼んでもいないのに、アドバイスしてくる。相談もしてないのに、ダメ出ししてくる。説教は男の専売特許です。その証拠に「説教ジジィ」という言葉はあっても「説教ババァ」とは言いません(笑)。

次ページ女は「お節介ババァ」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。