世界で勝負したい男、世間に羨望されたい女

W杯サッカー vs. Facebook

 女と男はなぜすれ違うのか? なぜ話が合わないのか? あの人はいったい何を考えているのか? どうしてあんなことを言ったのか? この連載では、今、職場で起きているリアルな「女と男の探り合い」を、社会心理や生声エピソードなど、さまざまな視点からひもといていきます。

 

男は世界基準を目指す

男性も女性も人の子ですから、他人から「認められたい」という欲求があります。とはいえ、どこの誰から認められたいのかは大違い。この違いが仕事への取り組み方にも表れます。

男性が「俺はまだまだ認められていない」「そろそろ認められるような仕事をしたい」と言った場合、その対象範囲はかなり広がります。

というのも、多くの男性は本気で「世界」に認められたいと思っているから。「地図に残るような仕事がしたい」「歴史に名を残したい」というのが男のロマン。海の向こうの人からも、見ず知らずの数百年後の人からも、「尊敬されたい」「『すごい』と言われたい」のです。

女性からすれば、「何を寝言言ってるの?」 とツッコみたくなるような夢見がちな発言ですが、当の本人は本当にそう思っているのだから仕方ありません。そのため男性は大きな仕事をしたがりますし、それができるなら、より重い責任を負うこともいといません。

ですから、現在、決勝トーナメントの熱戦が繰り広げられているW杯サッカーも、男性たちは特別な思いで見ています。選手たちを勝手に自分に重ね合わせて、「22歳なのに世界で認められていてすごい」「俺も最高の環境でしのぎを削り、レベルアップしたい」と、鼻息を荒くします。

そういう意味で、男性の同僚・部下を褒める場合、上司や他部署の人の名前を出して「○○さんも褒めてたよ」と付け加えるのは効果的。目の前のあなただけでなく、ほかの人や上の人からの評価も気になるのが男の性だからです。

次ページ女はリアルな幸福を欲しがる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT