成長したい男、変身したい女

「現状に満足できない」病

 女と男はなぜすれ違うのか? なぜ話が合わないのか? あの人はいったい何を考えているのか? どうしてあんなことを言ったのか? この連載では、今、職場で起きているリアルな「女と男の探り合い」を、社会心理や生声エピソードなど、さまざまな視点からひもといていきます。

男は「成長」が大好き

以前、ある勉強会に参加したところ、20代の参加者(男性)が「今の職場環境はとても成長できるから、満足している」「日々、成長できている実感がある」と、しきりに「成長」という言葉を繰り返していたのが印象に残っています。

彼は有名大学を出てそのまま経営コンサルタントになったエリート。いつも前に進んでいないと、気がすまないような、セカセカとした雰囲気を醸し出していました(話し方も早口)。

彼だけでなく、男性は「成長」という言葉が大好きです。

昨日より今日、今日より明日、何かが大きくなっていく、強くなっていくことが楽しくて仕方ない。筋トレが好きなのも男性ですし、ぐいぐいと会社を急拡大しようとするのも、男性経営者の特徴です。

このあたりも「男は野球、女はままごと」が現れているのかもしれません。部活でもスポーツでも、昨日できなかったことが今日できるのは、何よりもうれしいこと。成長、上達、発展が、とてつもない快楽になっているのでしょう。

「成長させてください」と会社に頼る若者

逆に言うと、現状に満足して充足感を味わうのを、よしとしない傾向もあるように思います。いつも自分を追い立てていて、「成長しなければ敗北あるのみ」というストーリーに酔いしれる。

就職活動をしている大学生男子からも、「成長できる環境に身を置きたい」というような声をしばしば聞きます。それはまるで「頑張れば自動的に成長できるようなシステムを、会社側に整えてほしい」という要求の裏返しのように聞こえて、会社からすれば、「君の成長のために、会社があるんじゃないからね、その前にきちんと貢献してね」と言いたくもなるでしょう。

次ページ女には「変身願望」がある
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT