成長したい男、変身したい女

「現状に満足できない」病

女が「変身」に慣れている理由

さすがに「白馬の王子様に救い出される」というストーリーを鵜呑みにする人は少なくなりましたが、それでも、結婚相手で人生が大きく変わる可能性は、男性よりも高いのも事実。「今はこんなだけど、いつか突然」という気持ちを捨て切れないのは、仕方のないところです。

そう考えると、小さい頃から慣れ親しんだ「ままごと」も、そこには影響しているのかもしれません。あるときはお母さん役を、あるときはお父さん役を、またあるときには、ペットと合わせてやすやすとひとり3役を演じなければならないのが、ままごとなのですから。男たちに比べて、変身慣れしていると言えるでしょう。

また、ヘアメイクやファッションで、毎日のように「プチ変身」を体験していることも、彼女たちに「いざとなったら変われる!」という自信を与えている要因です。到底、男性が理解できるものではありません。

ですからたとえば、異動していく女性社員には「新しい部署で力をつけて、再び戻ってきてほしい」という言い方よりも、「新天地では、自分でも気づかなかったような才能が見つかるかもしれない」という励まし方のほうが刺さるはず。

がむしゃらに成長を追い求める男と、まったく違う自分を夢見て変身を願う女。どちらがいい・悪いではありませんが、こうした「変わる」ことへの意識の差もまた、職場で男女がすれ違う原因のひとつです。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT