女性が一生理解できない、男の原動力

ダメダメ男子中学生を一変させた「任務と権力」

 女と男はなぜすれ違うのか? なぜ話が合わないのか? あの人はいったい何を考えているのか? どうしてあんなことを言ったのか? この連載では、今、職場で起きているリアルな「女と男の探り合い」を、社会心理や生声エピソードなど、さまざまな視点からひもといていきます。

中学生男子が、いきなり「男」の顔になった瞬間

以前、ある国際ロボットコンテストの手伝いをしたときのこと。会場設営の現場には、地元中学生の男子・女子が数名、ボランティアで集まっていました。

中学生といえば、男女の成熟度合いに最も差が出る時期。周囲に気を配りながら粛々と作業をこなせる女子と、終始落ち着きがなく、ちょっとしたヒマができると、すぐにホウキと新聞紙で野球を始めたがる男子。戦力としての差は歴然でした。

会場にいても邪魔になるだけのある男子に、「近くのコンビニで、来場者が脱いだ靴を入れるためのビニール袋を買ってきてくれ」と頼みました。それほど難しいことではありません。

ところが「はぁ……」と不承不承に引き受けた彼は、数分後、手ぶらで戻ってきてひと言、「なかったです」と。そのヌケヌケとした「使えなさ」に、開いた口がふさがりませんでした。

「あのさ~」と言いたくなる気持ちをぐっとこらえ、女子に同じことを頼んだところ、「近くのコンビニにはなかったけど、もう1軒先のコンビニにありました。これでいいですか?」と、実にそつがなく、その仕事ぶりには感動すら覚えました。

融通が利かず、気も利かない幼稚な男子たち。どうにかして、彼らを戦力として使えないかと悩んだ私は、「そうだ!」とひらめきました。「男には任務と権力だ!」と。

そこで、その男子に「君はこれから訪れるお客さんにビニール袋を渡す係だ。その隊長に任命する。周りの男子を率いて、くれぐれも漏れなく、粗相のないように配ってくれ」と、頼みました。

そのときの彼の表情は、いまだに忘れられません。それまで1ミリも頼りがいを感じさせなかった彼が、「そうか、オレが隊長か」とでもいうように、みるみる「働く男の顔」として引き締まっていきます。その後、周りの男子たちにキビキビと指令を出して(ときには「おい、ちゃんとやれよ」としかりながら)、働き出したのです。さきほどとは別の意味で、感動的な光景でした。

次ページ縦社会の中で「言われたことはやり遂げる」男性
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • 財新
  • 最新の週刊東洋経済
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
<a href="https://bit.ly/2SmSYaR" target="_blank">新型肺炎で中国大停滞<br>アップル供給網に打撃</a>

新型コロナウイルスの拡大に伴う人の移動の制限によって、中国では企業活動の停滞が深刻です。iPhone生産にも甚大な影響が。組み立てを担う台湾・鴻海グループの鄭州工場は今……。「財新」特約のデジタル版連載「疫病都市」の続編です。