「男より男な女」か「女より女な女」か?

女性政治家のサバイバル術

 女と男はなぜすれ違うのか? なぜ話が合わないのか? あの人はいったい何を考えているのか? どうしてあんなことを言ったのか? この連載では、今、職場で起きているリアルな「女と男の探り合い」を、社会心理や生声エピソードなど、さまざまな視点からひもといていきます。

女性政治家は「ふつう」ではつとまらない

以前、代議士秘書をしていた人から、こんな話を聞いたことがあります。

「女性が政治家としてやっていくためには、『男よりも男』であるか、『女よりも女』であるかしかない、というのが定説」

政治の世界は「古き日本」が凝縮されたような社会。圧倒的な男性優位コミュニティなわけで、その中で女性がやっていこうと思うなら、極端なキャラクターを演じなければならないというわけです。

たとえば、ある女性議員は、男性議員から「いいオッパイしてんなあ」とからかわれたときに、すかさず相手の股間をぐっとつかみ、「オマエもな!」と切り返したのだとか。このセンスなどは、まさに「男よりも男な女」でしょう。

一方で「女性らしさ」を武器に周囲を手玉に取る政治家もいて、彼女たちのファッションやメークは「過剰に女子」で、まさに「女のコスプレ」。「女よりも女なキャラクター」で、おじさんたちの機嫌を取っているというわけです。

いずれの類型も「ああ、あの人のことかな」と思い浮かぶのではないでしょうか? ですがもちろん、これは、良い・悪いではありません。日本最高峰の男尊女卑文化において女性が生き抜くためには、それぐらいのタフな戦略が不可欠ということです。

次ページ女性にはロールモデルがいない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT