「男より男な女」か「女より女な女」か?

女性政治家のサバイバル術

女性にはロールモデルがいない

政治の世界ほどではないにしても、この「『ふつうの女性』ではやっていけない」という現象は、多くの会社で起きていることです。

現在の働く女性たちにとって、最大の課題は「ロールモデルがいない」ということ。男性であれば、「●●さんみたいな感じで働こう」「◎◎さんみたいにはなりたくないな」「最終的に△△役員みたいになれたらいいな」と、参考にできる先輩社員がたくさんいます。

ところが女性の場合、どこを見回しても基本的には男性ばかり。すでにこの連載で指摘したとおり、まだまだカイシャは「おじさんと女の子」で成り立っています。自分よりも年齢もキャリアも上で、しかも「ふつう」に働いて、定年まで勤め上げた先輩女性社員は皆無となれば、不安にならないほうが不思議というものです(男女雇用機会均等法が施行されてから、まだ30年も経ってないのです)。

見た目になんか構ってられないといった風情のギスギスした女性役員にも、キャピキャピ若手社員にも違和感を感じてしまう……。「私はふつうに働いて、ふつうに生活したいだけなんだけどな」と、ボヤかずにはいられません。

次ページ「パーフェクトウーマン」は焦りの原因にしかならない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT