「男より男な女」か「女より女な女」か?

女性政治家のサバイバル術

「パーフェクトウーマン」は焦りの原因にしかならない

現在、多くのメディアで「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」のような企画を目にします。雑誌のインタビューでは、ビジネスパーソンとしても、妻としても、母としても完璧な美人起業家が、「幸運だっただけです」「周囲の協力に恵まれて」と艶然とほほ笑んでいます。

友人のひとりに、こうした傾向を「逆効果でしかない」とバッサリ言い切る人がいます。

「そういうのをふつうの女性が見ると、『やりがいのある仕事をバリバリやり、理解のある夫とかわいい子どもがいて、いつも余裕を持って身ぎれいにしていなければ、女子としては不完全』かのように思い込んでしまう。ほんと、やめたほうがいい」というのが彼の言い分です。

確かに一理あります。

繰り返しになりますが、働く女性にとってロールモデルが豊富にいないというのが、男性に比べた最大のディスアドバンテージ。身近に適切なサンプルがいないので、ついメディアで取り上げられるような「極端に成功している人」にあこがれ、「女子たるもの、ああならなくちゃいけない。それに比べて自分には何もない……」と落ち込んでしまう。残念なことです。

 以前、『AERA』誌で「社外メンターを持とう!」という企画があり、私も登場しました。そこでは、ロールモデルを社外に求めた女性社員のエピソードが紹介されていましたが、これなどは解決策のひとつでしょう。

もちろん男性たちの中にも、近場にロールモデルがいなくて途方に暮れている人がいるはず。自分なりの生き方の基準を持って、いろいろな人から刺激を受けたいものです。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT