部下をねぎらうときの鉄板フレーズ

管理職の的外れなセリフがモチベーションを奪う

 女と男はなぜすれ違うのか? なぜ話が合わないのか? あの人はいったい何を考えているのか? どうしてあんなことを言ったのか? この連載では、今、職場で起きているリアルな「女と男の探り合い」を、社会心理や生声エピソードなど、さまざまな視点からひもといていきます。

結果重視の男性

私は先月、最新刊『察しない男 説明しない女 男に通じる話し方 女に伝わる話し方』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)を上梓しました。この本では、男女のコミュニケーションスタイルの違いを基に、シチュエーション別に「こういう場面では、こういうセリフを言っておけば間違いない」というフレーズを計37×2、紹介しています。今回は、その中からいくつかピックアップして紹介しましょう。

まずは部下の仕事をねぎらう場面。当コラムでも何度も触れているように、子どもの頃から野球やサッカーといったチームスポーツに慣れ親しんでいる男性は、「2対1で負けた」「13対2で圧勝した」など、勝ち負けと、得点・数字に敏感です。

そのため、男性部下を褒める場合は「よく○%増のノルマを達成できたな」「○年前で○億円の契約なんて、聞いたことがないよ」など、相手の「勝利」を具体的な数字で強調するといいでしょう。

過程重視の女性

一方、女たちにとって、それらの褒め言葉は、それほどうれしいものではありません。

女性は「みんなで一丸となってプレゼンの準備をしたこと」や「泊まり込みでイベントを運営したこと」など、学園祭・文化祭のようなプロセスの部分を大切にします。

もちろん、その結果、プレゼンで勝つことができたり、イベントが成功したりすればうれしいことにはうれしいのですが、男性ほどの「おりゃー!!」という感動はないようです。

次ページ女性はプロセスを重視
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。