部下をねぎらうときの鉄板フレーズ

管理職の的外れなセリフがモチベーションを奪う

 女と男はなぜすれ違うのか? なぜ話が合わないのか? あの人はいったい何を考えているのか? どうしてあんなことを言ったのか? この連載では、今、職場で起きているリアルな「女と男の探り合い」を、社会心理や生声エピソードなど、さまざまな視点からひもといていきます。

結果重視の男性

私は先月、最新刊『察しない男 説明しない女 男に通じる話し方 女に伝わる話し方』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)を上梓しました。この本では、男女のコミュニケーションスタイルの違いを基に、シチュエーション別に「こういう場面では、こういうセリフを言っておけば間違いない」というフレーズを計37×2、紹介しています。今回は、その中からいくつかピックアップして紹介しましょう。

まずは部下の仕事をねぎらう場面。当コラムでも何度も触れているように、子どもの頃から野球やサッカーといったチームスポーツに慣れ親しんでいる男性は、「2対1で負けた」「13対2で圧勝した」など、勝ち負けと、得点・数字に敏感です。

そのため、男性部下を褒める場合は「よく○%増のノルマを達成できたな」「○年前で○億円の契約なんて、聞いたことがないよ」など、相手の「勝利」を具体的な数字で強調するといいでしょう。

過程重視の女性

一方、女たちにとって、それらの褒め言葉は、それほどうれしいものではありません。

女性は「みんなで一丸となってプレゼンの準備をしたこと」や「泊まり込みでイベントを運営したこと」など、学園祭・文化祭のようなプロセスの部分を大切にします。

もちろん、その結果、プレゼンで勝つことができたり、イベントが成功したりすればうれしいことにはうれしいのですが、男性ほどの「おりゃー!!」という感動はないようです。

次ページ女性はプロセスを重視
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 北朝鮮ニュース
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。