教えても褒めても新人は動かない?

じゃあどうすればいいの?というアナタに…

 2014年度の新入社員のタイプについて、日本生産性本部が発表したのは「自動ブレーキ型」。安全運転型よりも「新人ならもっと失敗を恐れずに!」とやきもきする上司の方も多い様子。今回の『こちら営業部女子課』では、新たに配属してくる新入社員のあるあるシーンを挙げながら、彼ら彼女たちを育成していくヒントをご紹介します。

4月に学校を出たばかりの新人も入社して1カ月が経ち、そろそろ研修を終えて新たな部署に配属する頃。上司である皆さんの多くも、世代の異なる新人社員とのコミュニケーションに苦労されているのではないでしょうか。

そこで今回は「新人あるある」を、ランキング形式でお届けします。真新しいスーツ姿も初々しい新入社員数名に登場してもらい、彼女たちと男性上司の会話に耳を傾けてみます。そこから新人たちの傾向を探り、彼女たち世代の価値観を理解して、その育て方のヒントをつかんでいただければ幸いです。

新人A子「おはようございます!」
男性上司「お、元気だね。おはよう!」
新人A子「はい。先輩にあいさつは元気よくと言われたので!」

まずは第8位、「言われたことは素直に受け止める素直な新人」です。上司や先輩から言われたことは、とりあえずは聞いて、言われたことはそのとおりやってみようという態度でいます。こういうタイプはほほ笑ましく、初期知識や能力のいかんを問わず、伸びるタイプが多いですね。上司である皆さんも好感を抱くのではないでしょうか。

新人B子「あの、これってどうすればいいですか?」
男性上司「え? また? もう4度目だよ?」

いますよね~(笑)、第7位は「何度も何度も聞いている新人」です。教えたばかりであれば、「自分の教え方がよくなかったかな? よし! もう1度自分の再確認のため一緒にやってみるか」と思うすてきな上司さんもいることだと思います。ですが何度も教えているのに同じことを聞いてこられると、さすがに困惑してしまいますよね。でもこれって、決してやる気がないわけではないのです。

次ページまずお手本を見せる!
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 買わない生活
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT