部下をねぎらうときの鉄板フレーズ

管理職の的外れなセリフがモチベーションを奪う

一方、男性は女性ほど記憶力がよくないので、準備期間の大変だったこと、トラブル、奮闘は忘れてしまいがち。もちろん、そのときの充実感がよみがえることもありません。となれば、頼りはデータや数字だけ。あいまいな記憶より、何度でも確認できる結果を大切にするのは、こういった理由もありそうです。

わからなくても「言っておけばいい」

こうした男女の違いについては、頭ではわかってもなかなか実感できないはず。意識を変えることは実に難しい。ですが、これらの違いについて「腑に落ちる」必要はないと、私は考えています。

いわば外国語を話すようなものですから、言葉の意味や語源、その国の文化なんて最初はわからなくてもいい。ただフレーズを丸暗記して、言えばいいのです(ひとくち英会話のようなもの)。そうやって、「よくわからないけれど、とりあえず通じた」という経験を繰り返すうちに、だんだんなじんでくるのが、異文化交流というものです。

自分と同じ人に声をかけるのは簡単。問題は、自分と違う人です。その人をいきなり理解しようとするのは大変なので、ぜひまずは「ひとくち会話」から始めてみてください!

女性の部下をいたわるときにはこれが鉄板!
「いろいろ大変だったけど、楽しかったね」
男性の部下をいたわるときにはこれが鉄板!
「○億円の契約が取れるなんて、うちの部署で初めてだよ」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT