「説教ジジィ」と「お節介ババァ」の仕組み

思いどおりにしないと気が済まない人たち

まとめると、

・広い範囲の相手を自分の思うとおりにしたくて、言うだけ言うのが、説教。男に多いコミュニケーション

・自分に近い相手を心配し、あれこれ言うだけでなく世話も焼くのが、お節介。女に多いコミュニケーション

というわけです。

どっちがいい・悪いではありませんし、影響力を発揮したい気持ちは誰にでもあること。

ですがその際、ひとつだけ気をつけたいのは「あなたのためを思って」という言い訳やウソはよしましょう、ということ。それよりは「オレはそういうのが嫌いだからやめろ」「私はそうされると困るからこうしろ」と素直に言ったほうが、言われたほうも気持ちがいいというものです。

説教ジジィのアドバイスは聞く気にならない理由

ビジネスの現場で、頼んでもないのにしゃしゃり出て、ああだこうだ言って帰っていくオジサンは実に困りもの。多くの人が、そういう「他人に影響力を発揮したいだけのジジィ」に手を焼いています。

友人の経営者は「自分のためにリアルに時間と労力を割いてくれる人のアドバイスしか、聞く価値はない」と言っていますが、けだし名言。「だいたいさあ、まず行動で示さないといけないんだよ」と説教する人こそ、まさに行動が足りていない(口だけ)ことが多いのです。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ひとりの贅沢空間~週末に聴きたい名盤
  • 若者のための経済学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 内田衛の日々是投資
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。