雑談できない男は、出世できない

偉くなるほど求められる最終スキル

そんな彼女たちからすると、「ファクトに基づいてない」「同じ話の繰り返し」と、女のおしゃべりを批判する男たちは、いったい何を話しているのか不思議でならないというわけ。

男の会話は情報交換

たとえば、ホームパーティで知り合った、妻の友達の夫と。

たとえば、タバコルームで隣に座った、隣の部署の人と。

ちょっとした空き時間なり、初対面の懇親の場なりで、こうした「雑談アレルギー」のある男同士は、じゃあいったい何を話しているでしょうか?

結論から言うと、男たちはそういうときに「情報交換」をしています。

趣味のゴルフなり、最近手掛けている仕事の話なり、新聞に載っていたニュースなり。何か有益な情報を受け取り、差し出す。それが実りある会話であり、そうでないコミュニケーションは時間のムダと思っています。

たとえばゴルフの話題。女性同士であれば「最近いいドライバーを買ったので、気持ちよく打ててるんだよね~」「わかる! しっくりくるクラブってなかなかないよね」という会話は自然に生まれます。エピソードに心情を添える、それに共感したうえで自説を展開する、といった会話の作法が身に付いているからです。男性同士の場合、そうはいきません。

次ページ会話に意味を求める男性
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT