男性にとってやっかいな、「同期」という存在

絡みづらい目の敵か、高め合うライバルか

そんな女たちにとって「仲間」は、優劣をつける存在ではなくむしろ「抜け駆けを許さない存在」。

小学校の頃からなにかとグループで行動し、高い社交性を育んできた彼女たち。「何をするにもいつも一緒」というのが、彼女たちにとって最も望ましい状況です。

仲間と思っていた女の子が先に結婚すれば「先を越された」と嘆きますし、職場でも、目立ったことをして仲間外れにされるよりはと、昇進をためらいます。

「男の横の男」「女の横の女」をケアすべし

まとめると、上下関係をはっきりさせたい男たちにとって、同期というのは扱いに困る相手であり、横の関係を保ちたい女たちにとって、近い年齢・年次の人はみな「仲間」であり、目立ったり抜け駆けをしてもらっては困る相手ということ。

ですから、同期同士の男性社員たちを前にして、どっちが出世しているか、どっちが仕事ができるかを話題にするのはタブーです。

逆に、同じ立場・役職の女性社員たちを前にして、誰かだけの仕事ぶりを褒めると、かえって迷惑がられる結果に。そんな「どうでもいいこと」でほかのメンバーと差をつけてもらっては、日々の付き合いに歪みが生じて困るからです。

目の前の相手だけでなく、「相手の横にいる人」までケアできてこそ、一流の人付き合いと言えるでしょう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT