なぜ男性は「調べもの」が好きなのか

実は「知っていること」しかできない?

 女と男はなぜすれ違うのか? なぜ話が合わないのか? あの人はいったい何を考えているのか? どうしてあんなことを言ったのか? この連載では、今、職場で起きているリアルな「女と男の探り合い」を、社会心理や生声エピソードなど、さまざまな視点からひもといていきます。
いつも調べものをしている男性、いますよね……(写真:xiangtao / Imasia)

知らないと「動けない」男たち

先日、友人と話していて「男は『知っていること』しかできない」というテーマで盛り上がりました。

初めて取り組む仕事にしろ、行ったことのないレストランにしろ、初対面の得意先にしろ、予備知識がないと何もできない。とにかく事前に「知ろう」とするし、「知った」状態でなければ落ち着かない。

周囲にヒアリングし、やり方を教わり、マニュアルや先行事例を研究してようやく、自信を持って事に当たることができる。この傾向は実際、男性のほうが強いかもしれません。IT機器やネット環境も、「調べグセ」を後押しします。

彼らにとって、未知のものを目の前に突きつけられ「さあ、やってみろ」と言われるのが、最も苦手なこと。

「情報を制するものはビジネスを制す」とうそぶいたり、「なんだそれは? 聞いてないぞ」とむくれたりするのは、たいてい男たちです。

「直感」で飛び込んでいく女たち

一方、女性は肝が据わっているというか、度胸があるというか、知らないことでもトライする素養に恵まれています。

直感に優れた彼女たちは、知らないことを前にしても「楽しそう!」と失敗を恐れず挑戦し、「なんとなくこういうことでしょう?」と見よう見まねで習熟していくことに長けています。

次ページタイプの異なる人だから、補い合える
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT