NHKドラマ「マッサン」にみる女の心理学

愛さえあればなんでもできる不思議な人たち

 女と男はなぜすれ違うのか? なぜ話が合わないのか? あの人はいったい何を考えているのか? どうしてあんなことを言ったのか? この連載では、今、職場で起きているリアルな「女と男の探り合い」を、社会心理や生声エピソードなど、さまざまな視点からひもといていきます。

愛に生きる女・エリー

「マッサンはいつか絶対、ウィスキーを作れる」と励まし続けるエリー

前編では、男性主人公であるマッサンを分析することで、ドラマ「マッサン」の魅力をひもときました。後編では、妻・エリーにスポットを当ててみたいと思います。

エリーこと亀山エリーが象徴しているのは「女の生きにくさ」と「愛」です。

スコットランドからやってきたエリーは、日本で好奇の目にさらされます。明治期の日本において、「異人さん」はまさに「異分子」そのもの。行く先々でエリーは拒絶され、いじめられ、弾かれます。夫の実家では「外国人の嫁は認めない」といびられ、経済的に頼りない夫を支えようとしても就職もままなりません。

これはまさに、現代の企業社会で働く女性のメタファーといえるでしょう。

女が男と肩を並べて働こうとすると、外国人でなくとも、どこかで異分子扱いされる。好奇の目で見られ、差別も受ける。そのプレッシャーとストレスたるや、男には想像もつきません。

次ページ何が女性のモチベーションを維持するか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。