NHKドラマ「マッサン」にみる女の心理学

愛さえあればなんでもできる不思議な人たち

エリーは持ち前の愛嬌と度胸、社交性と品の良さで周囲の人を少しずつ虜にしていきますが、これはフィクションならではのこと。現実はそうは甘くはないでしょう。

実際、エリーが置かれている環境は、実に苛酷です。

夫は夢ばかり口にして、ろくに働こうとしない。生活は厳しい。家賃も払えないし、お米も買えない。それなのに、義理とプライドにがんじがらめになって、身動きがとれないでいる夫。現代に置き換えるなら、まさに計画性なしに起業を志す男と結婚したようなものです。冷静に考えたら、劇中の人物たちに始終言われているように「そんな男やめてしまえ」と言われてもおかしくない生活。

ではいったい彼女は、どうやって日々の暮らしののモチベーションを維持しているかというと、それが「夫からの愛」と「夫の夢」。このふたつです。

エリーは「マッサンがいてくれたから、いつも楽しい。いじめられても平気」と気丈なところを見せ、「マッサンはいつか絶対、ウィスキーを作れる」と励まし続けます。

もちろん劇中のマッサンが、正真正銘の昔気質の貧乏日本男児ではなく、海外留学して国際結婚を選ぶようなリベラルさと、大きな酒蔵の御曹司という出自と、ことあるごとにエリーへの愛を言葉にして伝える優しさを兼ね備えているからこそ成り立つ幻想ではあります。

次ページ女性のやる気の源は、男性とは違う
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。