NHKドラマ「マッサン」にみる男の心理学

男たちよ、情熱を傾けられるものがあるか?

 女と男はなぜすれ違うのか? なぜ話が合わないのか? あの人はいったい何を考えているのか? どうしてあんなことを言ったのか? この連載では、今、職場で起きているリアルな「女と男の探り合い」を、社会心理や生声エピソードなど、さまざまな視点からひもといていきます。

夢に生きる男・マッサン

NHK「マッサン」が好調 (写真:天田 輔)

NHKの連続テレビ小説「マッサン」が人気です。舞台設定やあらすじはこちらを見てもらうとして、当コラムでは、男女関係を学ぶ教材として「マッサン」を取り上げてみたいと思います。このドラマはマッサンとエリーの夫婦が主人公。前編ではまずマッサンを分析します。

マッサンこと亀山政春が象徴しているのは「夢に生きる男」です。

舞台は明治期の日本。日本で初めて国産ウィスキーを作って日本に流通させたい。いつかみんながウィスキーを飲むような世の中にしたい。その夢のために彼は奔走します。

ことあるごとに「ウィスキーを作りたい」「ウィスキーのことしか考えられない」「ウィスキー作りをあきらめられない」と夢を語る彼ですが、肝心のウィスキー作りは遅々として進みません。

次ページ男たちが好きな「プロジェクトX」の世界
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。