NHKドラマ「マッサン」にみる男の心理学

男たちよ、情熱を傾けられるものがあるか?

 女と男はなぜすれ違うのか? なぜ話が合わないのか? あの人はいったい何を考えているのか? どうしてあんなことを言ったのか? この連載では、今、職場で起きているリアルな「女と男の探り合い」を、社会心理や生声エピソードなど、さまざまな視点からひもといていきます。

夢に生きる男・マッサン

NHK「マッサン」が好調 (写真:天田 輔)

NHKの連続テレビ小説「マッサン」が人気です。舞台設定やあらすじはこちらを見てもらうとして、当コラムでは、男女関係を学ぶ教材として「マッサン」を取り上げてみたいと思います。このドラマはマッサンとエリーの夫婦が主人公。前編ではまずマッサンを分析します。

マッサンこと亀山政春が象徴しているのは「夢に生きる男」です。

舞台は明治期の日本。日本で初めて国産ウィスキーを作って日本に流通させたい。いつかみんながウィスキーを飲むような世の中にしたい。その夢のために彼は奔走します。

ことあるごとに「ウィスキーを作りたい」「ウィスキーのことしか考えられない」「ウィスキー作りをあきらめられない」と夢を語る彼ですが、肝心のウィスキー作りは遅々として進みません。

次ページ男たちが好きな「プロジェクトX」の世界
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT