同僚につけ入られるのは、あなたが甘いから!

なぜ自分ばかりが、人の尻ぬぐい役に?

これは、カツオくんが程度をわきまえているからだけでなく、誰かに守られているからこそ送れる日常なのです。夏休みの宿題だって、最後は家族総出で手伝ってくれるでしょ?イタズラしたって、「0点」取ったって、ちゃんと言い分は聞いてもらえるし、少しおきゅうを据えられたら、後はまたいつもどおりの日常に戻れる。

そうやって「やれやれ」とあきれられながらも、家族から守られて愛されて、それを自覚しながら、伸び伸び、いや、ぬくぬくと子供時代を謳歌しているのです。

じゃあ、あなたはサザエさんちの誰の役を担っているか? もうワカメちゃんの役は求められていないようですよね。いい子の模範はもういらないでしょう。あなたのおっしゃるとおり、「オカン」が求められているのです。

大勢のカツオくんたちを愛し、諭し、許し、育てるオカンです。オカンのあなたがいてくれるからこそ、上司は、「気にするな」と言い、同僚男性たちは同じアホなミスを安心して繰り返すことができる。

でもきっと、致命的なミスじゃないんですよね? あなたが少しイライラしながらフォローできるような、わきまえたミスなんだとお見受けします。つまり、まったくのアホに見えている男性同僚たちは、実はとても賢くあなたに甘えている、ということなのです。

これねぇ。嫌な言い方すると、利用されている、とも言えちゃいますよね。だって、職場のオカンって言われても、別に同僚に無償の愛なんて持ってるわけないですもんね。

感謝されない、評価もされない、キャラとして扱われているとしたら、けっこうしんどいものです。「どうせ、オカンがうまいことやってくれてる」なんて、いつまでも甘えられても困ってしまう。あなた自身、きっとあねご肌で、テキパキ仕事をこなし、「仕方ないなぁ」と尻ぬぐいしてしまうタイプでもあるのでしょう。

それが心地よければ別ですが、ちょっと嫌気が差しているのですよね。まぁ、これで仕事を変わる必要なんてまったくないと思いますが。

あなたに与えられた、3つの選択肢

そんなあなたには、3つの選択肢があるように思います。ひとつは、「オカンに徹する」こと。もうひとつは「オカンから脱する」こと。3つめは、「オカンの偉大さを痛感させたうえで、オカンでいる」ことです。

私が推測するかぎり、あなたは「オカンから脱する」ことは難しいタイプのように思います。責任感が強く、チームとしての成果にこだわる、「和」を大事にする人に違いない。もしかすると、本来は「オカンに徹する」ことをおススメして、「フォローくらい、やってあげればいいじゃないの!」と励ませばいいのかもしれませんが、あなたのイライラもわかりますから、選択肢の3番目、「オカン」から「ゴッドマザー」になってしまう道をおススメしたいと思います。

次ページ私が起こした「プチ反乱」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT